生き残ってるのが不思議。地球滅亡の脅威10

人害太陽嵐でビビってたら、まだこんなにあった! 

「地球滅亡の脅威」を10個まとめた動画です。心の底から滅入るけど、今ここにある奇跡に感謝。


第10位 人間

滅亡の脅威といえば、資源を搾取し汚染を生み出す人間。人害によって絶滅する種は年間10万種と言われています。

第9位 イエローストーン国定公園のスーパーボルケーノ噴火

ここの超巨大マグマ溜まりは、いつ噴火してもおかしくない状態。破局噴火するとアメリカは終了、地球全体が有毒ガスで覆われます。BBCドキュフィクション『Supervolcano』の世界。

第8位 ロボット

人工知能のマシンにも自己保存本能が備わっているとしたら? 資源を食い荒らす人間を、「脅威」とみなしたAIが人間を襲うことも起こり得えます。

第7位 ガンマ・バースト

星が崩壊する時に起こる現象。爆風で瞬時に地球オゾン層が吹っ飛び、紫外線が地表を直撃します。ただし5億年ぐらい先の話。

第6位 蜂

温暖化と殺虫剤散布の影響で絶滅危機に瀕している蜂。今私たちが食べている物の約33%は、蜂の花粉運搬によってもたらされています。蜂が絶滅すると様々な食料が確保できなくなり、年間200億ドル(2兆円)のダメージがでるみたい。

第5位 大量殺戮の疫病

合成生物学者は細菌兵器も同時に研究しています。まかり間違って外部に漏れると打つ手なし。エボラウィルスの二の舞いですね。

第4位 CO2排出

CO2の増加によって海の酸性度は過去200年で25%上がりました。このままいくと海洋生物が大量死滅する可能性も指摘されています。

第3位 彗星

地球上生物の大量死滅は彗星軌道通過と重なっています。彗星は3600万年ごとに異常接近し、地上にコメットシャワーが降り注ぐ。それは死を意味します。

第2位 温室効果ガス

元NASAゴダード宇宙研究所所長ジェームズ・ハンセン氏は、化石資源の燃焼で温室効果は上昇の一途を辿り、将来的には地球も金星の気温の華氏963度(517℃)ぐらいになると言っている。

第1位 地球磁場変動

方位磁石が北を向くように地球には磁場が存在し、この星の均衡を保っています。しかし、地球磁場は逆転する可能性があり、その変動期には磁場が弱まります。通常、大気と磁場によって地球は守られていますが、これが弱まると宇宙放射線が地表に降り注ぎ、人類は被ばくするでしょう。

Casey Chan(原文/satomi)