車椅子のアスリートが、前宙しながら15メートル飛んだ瞬間(動画)

車椅子のアスリートが、前宙しながら15メートル飛んだ瞬間(動画) 1

ああ。なんて美しい。

人の可能性ってホントに凄い。車椅子だって乗りこなせば、前宙しながら15メートルの距離を飛べるなんて知りませんでした。…いやいや、15メートルってハンパないですよ!

燃えさかる炎を背に美しい着地を決めたのは、脊椎破裂を持って生まれてきた車椅子のモトクロス選手、アーロン・“ホイールズ”・フォザリンガム(Aaron "Wheelz" Fotheringham)さん。

彼は自分の「膝」というパーツを使ったことがありません。でも、鋼の「車輪」と「勇気」を自分のものにしたその姿はあまりにも清々しい。まさに英雄という言葉がぴったりですね。

Jordan Kushins(Rumi 米版