8500億ピクセルだと…!  NASAが超高解像度な月面画像を公開

8500億ピクセルだと…!  NASAが超高解像度な月面画像を公開 1

今宵、安らぎを求めて月面旅行しましょうか。

画像枚数1万枚以上! 総解像度8500億ピクセル! 1ピクセルあたり0.5平方メートル! 全部並べたときの面積は250万キロ平方メートル以上でファイルサイズは3TB以上! 月の北極を中心とした月面詳細画像が絶賛見放題です。NASAさまさまです。

撮影を担当したのはアメリカの月周回無人衛星ルナー・リコナサンス・オービター(LRO)。今までにもアポロ11号、14号、15号、16号、17号の着陸船や足跡などの撮影画像が公開されてきましたが、Googleマップみたいに、自由に見て移動できるコンテンツに仕立てるなんて。ほんと、NASAさまさまです。

これだけ広範囲かつ高精細なデータとなると、アーティファクトらしい影を見つけるのもさあ大変。朝を迎えるまで旅を続けちゃいそうです。

Lunar Reconnaissance Orbiter Camera via Geek.com

(武者良太)