AndroidとWindowsの切り換え可能なW搭載のタブレットは幻に終りそう

    AndroidとWindowsの切り換え可能なW搭載のタブレットは幻に終りそう 1

    夢は夢のまま消えそうだ…。

    こんな話覚えています? AndroidとWindowsをダブル搭載し、OS切り換え可能のタブレット端末がでるかもしれないって。どうやらあれは噂で終りそうです。幻です。

    ネタ元のウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じたところによりますと、Asusの端末Transformer Book Duetの開発がキャンセルされたそうです。この端末こそが、AndroidとWindowsのダブルOS端末でした。キャンセルの理由は、予想通りと言いますか、Googleとマイクロソフトの反対。両社ともに、このアイディアに強い反発を示したというのです。まぁ、わからなくはないですが。

    今年1月に、マイクロソフトがWindowsとAndroidどちらも使えるというアイディアに不満をもち、その後Googleも「全部Androidの端末がいい」と拒否の意思を示したと報じています。また、今回リークされた情報では、昨年すでにリリースされたダブルOS搭載パソコンも販売中止だと。中止の理由は、マイクロソフトの新ポリシーがダブルOSをサポートしなくなったから。まぁ、わからなくはないですが。

    1台に複数OSが搭載された端末。なくても困るわけではないでしょうが、とにかく市場に広く出回るのも、市民権を得ることも当分はないでしょう。なんせ市場のメジャー企業のうち2社が乗り気じゃないんだもんね。まぁ、わからなくはないですが。

    WSJ

    そうこ(Jamie Condliffe 米版