シリア軍の戦車にGoPro載せて撮った、内戦のリアル動画

140325_syrianwar.gif

戦慄です。

ウクライナ/クリミアの急展開で忘れかけていた人もいるかもしれませんが、シリアの内戦は今も続いています。これは、シリア政府軍のT‐72戦車の座席に設置したカメラで、シリアのダラヤ地区が破壊されていく様子を映した動画です。

下の動画には兵士の遺体は写っていませんが、シリア政府軍・反政府軍両方の兵士がこの中で命を落としているのは明らかです。生々しい映像が苦手な方は見ないほうがいいかもしれません。

以下は動画の大まかな流れです。特に後半は銃や戦車砲の音が延々と鳴り続けていて、これが同じ世界で現実に起きていることだという実感がわかないくらいです。

00:15~ 戦車が反政府軍の要塞化された拠点を攻撃

11:14~ 武装した歩兵戦闘車BMPと戦車が要塞化された地点で発砲

18:26~ 戦車がミッションへの途中で奇襲を受ける

30:54~ 前進する歩兵への火力支援

33:44~ 戦車が反抗軍に破壊される

42:47~ 拠点近くへの火力支援

46:38~ 補給中の歩兵戦闘車を援護


ダラヤはもともと首都ダマスカス郊外の町だったそうなので、日本でいえば23区に隣接する地域という感じでしょうか。それが今はシリア内戦の前線のひとつになっています。内戦といっても、両軍が外国政府から支援を受けているとか複雑な背景があるようですが、それにしたって早くなんとか収束しないものなんでしょうか…。

Andrew Tarantola(原文/miho)