IBMの人工知能「ワトソン」が考案した料理はいかが?(動画)

シェフとして最も難しく挑戦的なのは、多くの技を学び、それを活かして新しいものを作り出していくこと。

逆も然りですが、人間のリミットというのは、どうしてもコンピューターに劣ってしまう部分があります。例えば、膨大な量のデータを処理したり、無数の組み合わせを考えることで言えば、コンピューターの方が遥かに優れているのは間違いないでしょう。そして、料理とはまさに、この膨大なデータの処理と無数の組み合わせが重要な鍵の1つとなるのです。

今回のプロジェクトは、ワトソンが考えだした今までになり新しいレシピを、人間であるシェフが料理して形にするというもの。まずは、シェフが調理したい材料を1つ、ワトソンに入力します。そこから、料理のスタイルを選んでいくと、ワトソンが巨大なデータから照らし合わせたレシピが表示されます。材料の組み合わせはまさに無限に存在し、シェフはこの中からより自分が作りたいものを選べばいいのです。バロメーターとして、マッチ度や驚き度、快適度等も一緒に表示されます。

今回、ワトソンが考案した新料理は以下。

・クリオールのシュリンプとラムの蒸し団子

・バルト海のアップルパイ

・オーストリアのチョコレートブリトー

・トルコのブルスケッタ

・ケイマン諸島の果実のデザート

・スイス&タイのアスパラガスのキッシュ

・ポルトガルのロブスターロール

どれも美味しそうよ。食べてみたいと思いません?

料理とは芸術である一方で、科学の賜物でもあるわけで、コンピューターには相性がいい仕事なのかもしれませんね。

IBMの目指すクリエイティブ・コンピューティグとは、人間とコンピューターが仕事を共にするということ。シェフのアシスタントとしての道がコンピューターにあるならば、他のクリエイティブ業界にもコンピューターの居場所がもっとあるのでしょう。

Eater via Verge

そうこ(JAMIE CONDLIFFE 米版