画質アップに期待! 次期iPhoneのカメラは800万画素でセンサーサイズ、F値共に改善されるかも

画質アップに期待! 次期iPhoneのカメラは800万画素でセンサーサイズ、F値共に改善されるかも 1

カメラの質は画素数だけじゃないですしね。

中国語フォーラムのWeiboに次期iPhoneの背面カメラは800万画素でセンサーサイズ・F値がともに向上するとの情報が投稿されました。

噂に登場する新型iPhoneとiPhone 5sのカメラのスペックを比較すると、センサーサイズは1/3インチから1/2.6インチに大型化し、F値は2.2から2.0へと向上するみたいです。これらの変更が実現すれば暗所での撮影性能の向上が期待できるそうで、ぜひともこのスペックアップは実現して欲しいところ。

ただし、今回の情報によると背面カメラの画素数は800万画素のままなんだそうです。以前、次期iPhoneには1000万画素カメラが搭載されるとのが流れたこともあったけど、画素数アップはまだ来ないのかな…。 

また、背面カメラには6枚のサファイアレンズや光学手ブレ補正機能も搭載されるそうです。カメラのセンサー部品はソニーが担当し、その他はLGやシャープも製造に参加するんだとか…。これまでもiPhoneにはソニー製のカメラが採用されてきましたが、次期iPhoneでもソニーとアップルのタッグがみられそうな予感です! 

PhoneArenavr-zone.com

(塚本直樹)