よし、困ったらカレーだ! 加熱も、水も要らない緊急用ボンカレーが明日から販売開始

2014-03-10bo00.jpg

ボンカレーの「ボン」って何だろう?

大塚食品はバイオテックジャパンと共同開発した災害備蓄用食品「ライス 72H+ボンカレー72H セット」を3月11日から販売します。加熱不要、水も不要で一切調理しなくても美味しく食べられるボンカレーとご飯のセットとのこと。大規模な災害時はライフラインが回復するまでおよそ72時間かかると言われているので、その間の備蓄に活躍しそうです。

辛さは「中辛」です。

常温保存可能で、賞味期限は3年間。販売は公共機関や団体向けとのことですが、個人向けにも売って欲しいなぁ…。この前の雪みたいに孤立したり、停電したり。そんな寂しい時にカレー食べられたらきっと嬉しいよね。

そして冒頭の解答ですが、大塚食品の公式ページによりますと「ボン」はフランス語で「良い、美味しい」を意味する「bon」であるとのこと。

美味しいカレー=ボンカレー。カレーはどんな時でも、いつの時代も美味しいものです。

大塚食品

(小暮ひさのり)