1月はガラケーがスマホの出荷台数を上回ったらしいけど…

1月はガラケーがスマホの出荷台数を上回ったらしいけど… 1

あ、なるほど…ってなりました。

読売新聞によると、国内メーカーによる1月の携帯電話の出荷台数でガラケーがスマホを上回ったそうなんです。

前年同月の出荷台数と比べてみると、スマホが0.5%増の92万4000台だったのに対し、ガラケーは16.4%増の109万1000台が出荷されたんだとか。伸び悩む国産スマホに対し、国産ガラケーは大躍進を遂げたみたいです。

その原因について、調査結果を発表したJEITAは「スマホの通信費が高いため、従来型の携帯電話に戻す動きも出ている」と発表しています。たしかに、ガラケーの頃は使わなければ月の支払いは1000円〜2000円ぐらいに抑えられたのに、スマホになった途端月の支払いが6000円〜7000円ぐらいに跳ね上がりますもんね…。もうちょっと安価なパケット定額プランが用意されると嬉しいんですけどね。

でも実は、この調査結果にはアップルのiPhoneやサムスンのGalaxyシリーズなど海外メーカーの携帯電話は含まれていません。日本で圧倒的なセールスを誇るiPhoneや復調の兆しを見せる国産ガラケーに対し、突破口を見いだせない国産スマホ…という見方もできるかもしれませんね。

image by:Gajic Dragan/shutterstock

読売新聞

(塚本直樹)