核巡航ミサイル格納したB-52ストラトフォートレスの弾倉はこうなっている

核巡航ミサイル格納したB-52ストラトフォートレスの弾倉はこうなっている 1

最初見てわからなくて「なんだこれは…」と思ったら、「B-52ストラトフォートレスに3基格納されたAGM-86B核巡航ミサイルだ」とアッティラ・ネイギー(Attila Nagy)さんが教えてくれました。

B-52といえば冷戦時代、ソ連への報復核攻撃のため生まれた50年選手。スタンリー・キューブリックの『博士の異常な愛情』でもお馴染みですね。

後ろから撮った写真なのでよくわかりませんけど、ミサイルは重量1430kg、長さ6.3m、直径62cmで、翼幅3.7m(12フィート)。F107-WR-101ターボファンエンジン搭載でマッハ0.73で飛びます。

写真は米ノースダコタ州マイノット空軍基地で「大規模な全地上任務点検」を行った際に撮ったものです。点検結果は良好で、「核兵器保証の検査では第91ミサイル航空団と第5爆撃航空団、ともに合格点だった。核兵器運転準備体制の検査で第91ミサイル航空団には優秀点がついた」とのこと。神のご加護がありますように、アーメン。

下の画像は、AGM-86C核巡航ミサイル。

核巡航ミサイル格納したB-52ストラトフォートレスの弾倉はこうなっている 2

そしてこちらは『博士の異常な愛情』のひとコマ。

核巡航ミサイル格納したB-52ストラトフォートレスの弾倉はこうなっている 3

(編集部追記:画像のキャプションに誤りがございましたので一部修正いたしました。ご指摘いただきありがとうございます)

JESUS DIAZ(原文/satomi)