タトゥーを読み取って演奏する、サイボーグみたいな楽器

タトゥーを読み取って演奏する、サイボーグみたいな楽器 1

何たるサイバー感。

音楽の演奏方法って様々だけど、これはタトゥーを使って演奏することが出来るんです

いくつかの黒い四角のタトゥーが腕に施されていて、腕の上に乗っているロボットがそのタトゥーを楽譜のように読み取り音楽を奏でます。また腕を動かすことにより音の質感や速さを変えることができるので、演奏に幅を持たせることができるようですよ。

これは「::vtol::」というプロジェクトを主宰する、モスクワのメディアアーティストであるディミトリ・モロゾフさんによる「reading my body」という作品。ディミトリさんは主に生体反応や自然の要素を使ってビジュアライゼーションや音楽制作を行っています。

システムはハンドコントローラーとシンセサイザーを組み合わせたもので、データのやり取りは音に特化したビジュアルプログラミング言語である「Kyma X」とOSCを使用しています。使用しているハードウェアは黒い線を読み取るセンサーとステッピングモーター、Arduino、Wiiのリモコンなど。

下の動画は同じシステムを使った別のパフォーマンスです。

音楽自体はかなり実験的ですが、腕にロボットを装着して演奏する光景がなんだかサイボーグみたいでかっこよくないですか?

reading my body via Designboom

(徳永智大)