最高にクレイジーなバス停。隕石、巨大タコ…日常はワンダフルだ!

要は、バス停での時間が楽しいものならば、バスを待つのもそんなに苦痛じゃなくなるわけで。

ロンドンのバス停にしかけられた広告がこちら。バス停のガラス越しに、隕石やら、風船で空飛ぶ人やら、マンホールから巨大タコの登場やら様々な映像の仕掛けがされています。

驚く人々の顔を見てください。みんなバスを待っていることなんて忘れてるのではないでしょうか。どんなことも、ハハハっと笑える余裕があればなんとかなるもんです。

そうこ(Jesus Diaz /米版