米国にスパイ呼ばわりされた華為が5年前から米国にスパイされていた

2014.03.26 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140324Huawei.jpg


「このスパイ企業め!中国に帰れ!」と中国通信大手ファーウェイ(華為技術)を追っ払った米国が、実はファーウェイを5年前からスパイしていたことがわかりました。

独シュピーゲルと米NYタイムズがエドワード・スノーデン氏から新たに入手した国家安全保障局(NSA)の機密文書で明らかになったもの。

それによると、NSA内部には「Shotgiant」なる諜報プロジェクトが存在し、2009年1月から深セン市内にあるファーウェイ本社のネットワークにバックドアをつくって、そこからこっそり社内の様子を覗き見ていたようなのです。「米政府・企業のネットワークにバックドアつくるつもりだろゴルァ!」と言ってたのは自分がやってたからだったんですね。

NSAは例えば、任正非(Ren Zhengfei)CEO、会長の孫亞芳(Sun Yafang)女史が出したメールを含む社内のメールのやりとりはもちろんのこと、各種ファーウェイ製品のソースコードにまでアクセスしていました。

同社によると今や世界の3分の1は同社製の産業用ルータ・その他通信機器で繋がっているらしく、NSAとしては同社が海外の政府に販売したネットワーク機器にアクセスし、敵国と同盟国の両方をスパイするのが狙い。NYタイムズはNSA内部文書からこんなくだりを引用しています。

(諜報活動の)ターゲットの多くはファーウェイが作った製品を使ってコミュニケートしている。[...] これらの製品への侵入方法を確認し、こちらが知りたいと思えば世界中のネットワークのどこにでもアクセスできるようにしておきたい。

デア・シュピーゲルが引用したのは以下のパート。

現在では良好なアクセスを確保し、膨大なデータが手に入るようになった。膨大過ぎて使い道に困るほどだ。


ファーウェイCEOは昨秋、「米国市場撤退を決めた」とフランスの報道機関に語りましたが…いやはや…。中国外相はさっそく米政府に「どういうことだ」と説明を求めています


[Der Spiegel; NYT via The Verge]

Robert Sorokanich(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ASUS VM40B デスクトップPC ( Win8 / Celeron 1007U / 4GB / 500GB ) VIVOPC-VM40B-S006K
  • Asustek