ヒゲソリという行為そのものをリデザインした「Xfit」と「HIGE LIFE」に、クリエイターが出逢った

Sponsored

ヒゲソリという行為そのものをリデザインした「Xfit」と「HIGE LIFE」に、クリエイターが出逢った 1

デザインが好きな人、こんなカミソリだったら使いたくなるかも。

貝印の「Xfit(クロスフィット)」は今までにないカラーリングと、2週間ごとに替刃を交換し2カ月でホルダーも使い捨てる新しいスタイルのT字カミソリ。しかも、スマホアプリ「HIGE LIFE」(App StoreGoogle Play)と連動していて、ヒゲラジオやヒゲ診断も楽しめます。

そんな「Xfit」と「HIGE LIFE」を、アパレルブランド「A BATHING APE」のグラフィックデザインを経て現在メディアクリエイターとして活躍し、兄弟メディアroomieのキュレーターや情報サイト「Fresh News Delivery」の管理人としても知られるハイロックさんに実際に触ってもらったので、今回はハイロックさんの寄稿スタイルでお届けします。

ハイロックさんが出逢った、新しいT字カミソリ

新しいT字カミソリに出逢いました。

そう、出逢いはいつも突然です。

そいつの名は「Xfit(クロスフィット)」。

ここ最近のT字カミソリのデザインには物申したかった。

なんであんなにギラギラしてるの?

欲しいデザインまったくないじゃん。

だけど「Xfit」は違いました。

白と黒のシンプルなツートンカラー。

スター・ウォーズに出てくるストーム・トルーパーみたいなやつです。

ヒゲソリという行為そのものをリデザインした「Xfit」と「HIGE LIFE」に、クリエイターが出逢った 2

パッケージには、本体のハンドル部分と替刃が4つ。

替刃1つが約2週間使えるので、

2週間 × 替刃4つ = 8週間のパックです。

替刃を使い切るタイミングでハンドルも使い捨てるのでとても衛生的。ちょうど汚れてきたかなというタイミングで捨ててしまうので無駄なお手入れも必要ありません。

これは楽ちんだ。

使い捨てと聞くと、ちょっと割高な感じもしてしまいますが、これだったら問題ない。

希望小売価格735円(税込)

2ヶ月使えるのでひと月に換算すれば約370円。

ひと月370円で、快適な剃り味と手入れいらずでフリーメンテナンスなら文句はまったくない。

では早速、試してみます。

ヒゲソリという行為そのものをリデザインした「Xfit」と「HIGE LIFE」に、クリエイターが出逢った 3

一番剃りづらい顎のラインから。

自分の正直なT字カミソリの使い方としては、時間のあるときはT字カミソリできれいに剃って、時間のないときは電気シェーバーと併用して顎のエッヂの部分とか電気シェーバーが苦手な部分をT字カミソリに担当してもらっています。

ヒゲソリという行為そのものをリデザインした「Xfit」と「HIGE LIFE」に、クリエイターが出逢った 4

刃と本体が繋がる部分が少し柔らかい素材になっていて、その部分が関節の代わりとなり立体的な動きを実現します。

なので顎のラインにもいい感じでフィットして今までに味わったことのない安定した剃り心地を生み出します。

ヒゲソリという行為そのものをリデザインした「Xfit」と「HIGE LIFE」に、クリエイターが出逢った 5

さらに快適な剃り味の秘密は、システムレザー(替刃式カミソリ)と同じ日本製の高品質5枚刃。

自分は肌が弱く、よくカミソリ負けをしてしまうのですが、今回のお試しでは撮影用にシェービングクリームを使わなかったのに、まったく問題ありませんでした。

ヒゲソリタイムをより豊かに、より効果的にするアプリ

ヒゲソリという行為そのものをリデザインした「Xfit」と「HIGE LIFE」に、クリエイターが出逢った 6

そして、この「Xfit」と連動したスマホアプリ「HIGE LIFE」(App StoreGoogle Play)も用意されています。

ヒゲをモチーフにしたアイコンがとてもかわいいです。

内容は以下の2つのことができます。

ヒゲソリという行為そのものをリデザインした「Xfit」と「HIGE LIFE」に、クリエイターが出逢った 7

まずヒゲを剃る1分間を豊かな時間に変えてくれるヒゲラジオ「HIGE FM」。

ヒゲに関するトリビア的な話題が2週間替わりでアップされていくそうです。

僕が番組を聞いたときのナビゲーターは、グッドヴォイスな赤坂さん。

赤坂さんの声って聞いてて心地いいですよね。

2週間替わりでナビゲーターは変わっていくそうですよ。

ヒゲソリという行為そのものをリデザインした「Xfit」と「HIGE LIFE」に、クリエイターが出逢った 8

そしてもう1つがヒゲ診断「HIGE KARTE」。

自分の顔を撮影し、送信すると診断結果が送られてきます。

ヒゲの状態や剃り方をアドバイスしてくれます。

ヒゲラジオにしても、ヒゲ診断にしても、どちらもありそうで今までなかったもの。

それをアプリとの連動で実現してしまったところが素晴らしい。

実際に利用してみると、作り手のこだわりが感じられて楽しめます。

■「Xfit」と「HIGE LIFE」が目指したのはヒゲソリの「ここちよさ」?

デザイナー・メディアクリエイターとしての視点で見ても、デザインの完成度はとても高かったよう。

ハイロックさんが使ってみて驚いたという、常にフレッシュな切れ味とコストパフォーマンスを両立した「Xfit(クロスフィット)」。そして、ヒゲソリタイムをより豊かに、より効果的にするアプリ「HIGE LIFE」(App StoreGoogle Play)。

どちらも、ヒゲを剃るという男性なら誰しも行なうであろう行為を、より「ここちよく」しようと考えられていると感じました。これはもう、ヒゲソリという行為そのものをリデザインしたといっても過言ではないのでは。

しかも、剃り味に納得できなかったら30日以内なら返金保証する体感キャンペーンもやっています。これは貝印さんの自信のほどが伺える……!

ヒゲソリという行為そのものをリデザインした「Xfit」と「HIGE LIFE」に、クリエイターが出逢った 9
ヒゲソリという行為そのものをリデザインした「Xfit」と「HIGE LIFE」に、クリエイターが出逢った 10

Xfit(クロスフィット)|貝印株式会社

(執筆:ハイロック/ギズモード編集部、撮影:河原田長臣)