690万回再生された心温まるドッキリ。いつも頑張ってるあなたに最高の1日を

今日1日が、昨日までと同じとは限りません。何かが起こる時がある。

とあるレストランで働くウェイトレス、彼女の名前はChelsea Roff。いつも明るい彼女ですが、実はなかなかの苦労人です。

若い時から妹の面倒をみて、自身が摂食障害になった過去も持つChelseaさん。現在はレストランで働く傍ら、自身の経験をいかしてNPO団体で摂食障害を持つ人達をサポートするためのヨガ教室も開いています。そんな彼女をターゲットに仕掛けられたのが、今回のドッキリです。

いつものバイトの時間が、人生最高の1日へと変わります。

最初のドッキリは、お客さんが置いていったチップ。その額はなんと1000ドル(約10万円)です。1つ目のドッキリですでに喜びのパニックになるチェルシーさん。次のお客さんはチップとしてハワイへのペアチケットをくれました。3組み目のお客さんは、彼女が夢見る憧れの仕事をオファーしてきます。4組み目のお客さんは、チップとして車の鍵、新車のプレゼントです。そしてその車からでてきたのは、しばらく会ってなかった昔からの親友でした。

Break.comが仕掛けたドッキリですが、番組だけでなく彼女の周りがこれをやりたい、彼女に何かしたいと思ってこそ実現したプロジェクトです。前向きにがんばる人には、いつか何かが起きる、そんなことをまた信じたくなりました。記事執筆時(4月10日)には690万回再生されていたこの動画、素敵な笑顔は言語の壁を越えて広がりますね。

source: Break.com

Jesus Diaz - Gizmodo US[原文

(そうこ)