5万ドルの目標に対して220万ドルの資金調達に成功。約3万円の3DプリンタMicro

140411micro.jpg

マイクロって名前だけれど、期待は大きいね。

3Dプリンタってアイドルのフィギュアミニロボットが作れてすごいな、と思うんですけれど自分で買って使うとなると敷居が高いですよね。価格だって安くはないし、かといってデータの再現性が低いものは持ってても意味ないです。そして何より自宅で使うには置く場所がない

The Microは1辺が18.5cmのちっちゃくてかわいい立方形の3Dプリンタです。重さはたった1kg。このサイズならスペースを確保できそう。これで作れるオブジェクトのサイズは116mm×109mm×113mm。カーテンをかけるフックやちょっとした部品を作るのに便利そうです。

The MicroはクラウドファンディングサイトのKickstarterにて、わずか3日で220万ドル(約2億200万円)以上の資金調達に成功したプロジェクトです。目標金額が5万(約500万円)ドルだったので、なんと想定の40倍以上の成果があったということになります。

低消費電力で3Dプリントができ、そして製造中の音がとても静かだそうです。プリンタ自体の大きさやデザインはもちろん、使用時の配慮も注目だったのかもしれないですね。家で使いたくなっちゃいますもん。

一般発売の時期や価格は未定ですが、日本からでもAmazon.com(アメリカの方)の決済アカウントを持っていればKickstarterのプロジェクトに参加できます。締め切りは米時間5月7日。一体いくら支援額が集まるんでしょう?

source: KickStarter

(塚本直樹)