エイプリールフールじゃないよ。ブラックベリー、3年前のBlackberry Boldを再発売

140401_bbbbb.jpg

過去の遺産は未来を救うか?

斜め上というか、だからこそ英断というか、とにかくブラックベリーが思いがけない方向転換を発表しました。新しさが追求されるこのスマートフォン市場に、過去のモデルを再投入するんです。それも3年前、2011年発売のBoldをです。

ブラックベリーは直近の四半期決算でも赤字が続いているので、生き残りのために使える資産は総動員しようということでしょうか。再投入されるBoldは、ソフトもハードも2011年のままとなります。1世代前のOS・Blackberry 7に、使いにくいブラウザ、そしてもちろん、フルキーボードが搭載されてます。

ただし少なくともBlackberryにとって違うのは、Boldが利益をもたらすものだってことです。同社のジョン・チェンCEOは自信ありげにこう語っています。

我々の顧客は今でもBlackBerry OSデバイス、特にBlackBerry 7を支持しています。BlackBerry 7デバイスの販売とOSのサポートは、顧客からの要望がある限り続けていきます。

ただ、ブラックベリーは「キーボード付きハイエンドフォン」を18ヵ月以内に新たに発売するとも言っていますし、旧モデル再投入は新興市場を狙ったものだとも見られています。つまりローエンドモデルには開発費をかけず、その分ニッチなハイエンドフォンにリソースを注ぎ込むという「選択と集中」の戦略とも言えそうです。起死回生の一手となるかどうかわかりませんが、何らかの形で生き残れる居場所を見つけられるといいですね…!

The Verge

Ashley Feinberg(原文/miho)