もはや神の領域。ルービックキューブ4200個で製作したキング牧師の壁画

もはや神の領域。ルービックキューブ4200個で製作したキング牧師の壁画 1

神は人を、人はルービックキューブを創りたもうた。そう、6色ディスプレイの巨大なドット絵を制作するために。

今から遡ること4年前。4000個以上のルービックキューブを使って描かれたキング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア氏)の巨大壁画が公開されました。

この壁画のモザイクは、Pete Fecteauさんがルービックキューブをひとつずつ手作業でひねってデザインしたそうです。そもそもルービックキューブをここまで自由自在に扱えるスキルも、それを数千個という単位で加工し続けられる精神力も凄い。かなり人並み外れてますね。

Fecteauさんのブログによると、この壁画は高さ約3mで幅約20m。そして、その巨大なスペースを埋め尽くす4242個のキューブを加工するのに要した時間は40時間とのことです。

「Dream Big」というタイトルの本作品は、ミシガン州グランド・ラピッズで行われた2010年のArtPrizeにエントリーされました。1700点以上もの応募作品からトップ50に選ばれたそうですが(くわしくはMyModernMetを参照)、4年経った今見ても十分に圧倒的ですよね。

Peteさんは今もずっと作品を作り続けています。そして今後は、8484個のルービックキューブでアルバート・アインシュタインの壁画を制作するという計画もあるんだそう。天才が描く天才の姿、完成が楽しみです。

source: MyModernMet, Pete Fecteau via @BurritoJustice

Robert Sorokanich - Gizmodo US[原文

(Rumi)