信じられる? この動画がたったの64KBなんて

にわかに信じがたい。

こちらの動画は、せっせとレンダリングして作った20GBのリッチムービーではありません。1つの小さなアルゴリズムで生成された、わずか64KBの映像です。

ドイツのザールブリュッケンでイースターの時期に開催されるRevisionはプログラマーやアーティストが集って作品を発表しあうデモパーティーです。今回紹介したのは、Mercuryというグループが作った64KBのイントロムービー「Timeless」。このファイルサイズを実現するため、グラフィックも音楽も全てリアルタイムで生成されるようなアルゴリズム技術を採用しているそうです。

デモシーンは、グラフィックスや音楽を散りばめたプログラミングのスキルを表現する文化です。1980年代に流行ったビデオゲームのクラッキングが源流と言われており、現在は上の動画のような芸術的な作品が多く作られています。まるでプログラミング界における即興ジャズみたいな感じですね。

ちなみに下の動画は以前紹介した4KBの動画です。

超越した技巧はいつだって私たちを驚かせてくれます。

source: Pouet, Tokyo Demo Fest

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文

(mayumine)