Gmail誕生10年。当時エイプリルフールの冗談だと思った9人

Gmail誕生10年。当時エイプリルフールの冗談だと思った9人 1

Gmailベータ版リリースは2004年4月1日(米時間)、今日で誕生10年になります。

発表当時はどんな反響だったのかなーと思って調べてみたら、「容量1GBも無料なんて、どうせエイプリルフールの冗談でしょ」という報道が結構あったんですね。

でも今や10GBが当たり前、GmailはNSAが泣いて喜ぶ世界最大の個人情報の宝庫なんですから、先のことはわからないものだわ。

1. CNN Money

しかしながら、グーグルが「容量は1GB」と豪語してることから、「Gmail発表はネタじゃないか、エイプリルフールの日だしな」という声も出ている。同社はエイプリルフールに冗談をやった前科もある。検索のページランンキングはハトが決めてるとか、月面に新検索センターを開設するとか、そういうものだ。

しかもGmailはプレスリリースもかなり間抜けな印象で「M&Mチョコ何百万粒の果てに、Gmail誕生」と書いてる。プレスリリース全文はこちら

2. USA Today

「今日はエイプリルフールの日。どうせ発表するなら楽しくやろうってことでこの日を選んだ。Gmailは冗談ではない」と、インタビューでローゼンバーグは語った。

それでもウェブ上ではGmailは本物かネタなのか、という噂でもちきりだ。

「Gmailの発表は史上最大の冗談として歴史に残るんじゃないか」と書いてるのは、ナード専用ニュースプロバイダを標榜するSlashdot.orgのコメント主だ。

一方、このサービスの誕生を信じる人たちもいる。彼らはグーグルがGmail.comをドメイン登録してることから、これは冗談ではないと思っているようだ。

3. Blogoscoped

無料で1GBまで使えるメールアカウント(Hotmailの有料購読は解約だね)なんてものが存在するとは思えない、という人はGmailの公式発表を読むといい。あと残る問題は読み方かな。ジーメイルなのかグメイルなのか。それより言いたいことは「さらば、Hotmail」

4. The Motley Fool

Googleもエイプリルフールやってるんじゃないかな。いやほんと。

昨晩、検索エンジンが無料メール「Gmail」のテストに乗り出すと発表し、午前0時を回る前にウォールストリート・ジャーナルもNYタイムズも報じたわけだが、今日は4月1日ではないか

5. Web Pro News

もしかしたら手の込んだ冗談かもしれないが、Googleが無料メールサービスGMailを立ち上げると発表した。容量はユーザーひとり1GBに上げ、メールは削除しなくても済むようにするそうだ。

発表は2004年4月1日(アメリカはエイプリルフールズ・デイ)の数時間前に行われた。同社は前にもネタをやったことあるので、本当に史上最大容量のメールを提供するか冗談か、どちらかだ。

6. Slashdot

愛と平和と幸福は大歓迎だがそれでどう採算とれるの? 自分のハードドライブの容量が1GBってんなら話は別だけどさ。

7. Eric's Weblog 2.0

つい30分ぐらい前までは、今までで最高のエイプリルフールネタだと本気で思ってたので、利用招待のメールが来て少しガッカリしてしまったよ。

使ってみたけど、そんな大したことなかった。別に目新しいものは何もない。

8. Web Developer's Note

Gmailはエイプリルフールの日に発表されたので、1GB無料って話はみんなナードな冗談だと思った。気が散るFlashも画像バナー広告もなくて、あるのはGmail広告っていうテキスト関連広告らしい。

9. Corante's Copyfight

グーグルが1GBの無料メールサービス始めるらしいけど、な~んか信じられないな。冗談なら、NYタイムズ(グーグルがメールサービス開始)などにまで担がれたんだから大成功だね。彼らは注意を逸らすネタ(Googleコペルニクスセンター採用募集中)まで仕込んだことになる。

Ashley Feinberg(原文/satomi)