写真編集の本命アプリ。iPad用「Adobe Lightroom Mobile」が登場

140408_lightroommobile1.jpg

RAW現像もへっちゃら。

Adobeの写真編集アプリ「Lightroom」のiPadバージョン「Lightroom Mobile」が、今日Creative Cloudの購読者向けにリリースされました。写真好きの方でデスクトップ版を使っている人も多いのでは?

Lightroom Mobileは単体でスマホで撮影された画像や、iPadのカメラコネクタを使って取り込んだデジタル一眼レフの写真を編集することもできるのですが、その威力を発揮するのはデスクトップバージョンである「Lightroom 5」と同期させて使う方法なんです。デスクトップ上にある自分の写真コレクションをクラウドを使って自動で同期し、iPad上で手軽に編集できますよ。

140408_lightroommobile2.jpg

モバイル上の写真編集アプリは色々リリースされていますが、タブレットやスマホだと非圧縮のRAWファイルを扱えるほど容量が確保できないし、十分な処理速度を実現するのはできなかったんです。

Adobeの解決策はスマートプレビュー機能を使うことでした。例えばLightroom 5に保存している50MB以上もあるRAW画像をクラウド上から参照し、iPadに保存することなく、色や露出の情報を記録しているファイルのみをやりとりすれば、デスクトップでもiPadでも同じ画像ファイルをシームレスに編集することができるんです。

でも実際に試してみるとHSLやカーブ、シャープニング、ノイズリダクションなどの細かい調整ができなかったり、プリセットの同期が出来なかったりとまだまだ発展途上なところもあるみたいですが、これからのアップデートに期待です。

140408_lightroommobile3.jpg

アプリ自体は無料なのですが、使用するにはPhotoshop CCとLightroomの年間契約(毎月980円)を結ぶか、全部入りのCreative Cloud(毎月4,980円)を購読する必要があります。

AdobeはあくまでLightroomをより使いやすくするためのツールであって、スタンドアローンなアプリとしては捉えられていないようですね。でも逆に、毎月980円出せばPhotoshopを含む完璧な写真編集環境が手に入ると考えれば安いのかもしれません。

これからはとりあえずタブレットでササッと編集して、あとからデスクトップでガッツリ編集して完成させる、そんな感じになりそう!

source: The Verge

(徳永智大)