次のiPhoneは現行モデルより約1万円高くなるかも。アップルが交渉中らしい

140417iphone6_10000.jpg

お財布が泣いている。

米投資銀行のJefferies & Co.でアナリストを務めるPeter Misekさんは「iPhone 6(次期iPhone)は100ドル(約1万円)程度値上がりする可能性がある」と言っています。

Peterさんによると、アップルはiPhone 6の値上げを各国の携帯キャリアと交渉してたそうです。その額は100ドル(約1万円)。もちろん各キャリアは難色を示しました。しかし、Peterさんは、アップルによる強気な要求が受け入れられるのではないか?と言っています。理由は、今年発売予定のスマホの中で革新的な存在となり得る機種がiPhone以外になさそうだから。

すでにサムスンやHTC、ソニーが主力のハイエンド端末を発表した今、残った注目の端末は次期iPhoneくらいしかありません。ソニーは最近リリースサイクルが早いので、もしかしたら今年中にもう1台フラッグシップ端末を投入してくるかもしれませんが。

次期iPhoneは4.7インチと5.5インチの2サイズ構成になるというのがもっぱらのですが、画面サイズの大型化とともに価格も大きくなってしまうのでしょうか。

source: BGR

(塚本直樹)