iPhone 6用? 4.7インチと5.5インチのスクリーンが生産がはじまる模様

iPhone 6用? 4.7インチと5.5インチのスクリーンが生産がはじまる模様 1

ギズでも何度かお伝えしてますが、次のiPhoneは画面サイズが大きくなるという、多いですよね。

ロイターによれば、iPhone 6用と思われる2種類のスクリーン生産が5月にもスタートするとのことです。

ひとつは4.7インチのスクリーン。こちらは間もなく生産開始される予定だそうです。ふたつめは5.5インチのスクリーンで、もう少し後から生産が始まるとのこと。製造メーカーはジャパンディスプレイ、シャープ、LGディスプレイの3社だそうです。この噂が本当なら、4インチのiPhone 5s、5cと比べてかなりサイズアップしますね。

また、この2種類のスクリーンはiPhone 5から採用されているインセル型タッチパネル(液晶とタッチパネルを一体化することで薄型・軽量化を実現したもの)を採用するとのこと。

でもこのインセル型は、5.5インチディスプレイに搭載するのは難しいかもしれないそうです。そこでロイターは、「大きい方の端末にはインセル型の代わりとして、フィルムタイプのタッチセンサーを貼り合わせる方式も検討し、数ヶ月後に生産が始まるだろう」と推測しています。

はてさて、この噂を素直に真に受けても良いのかな?

これらの推測を考えると、アップルは大きなディスプレイのスマートフォン市場に足を突っ込んでいきたいのでしょうね。もちろん公式の発表ではないので、あくまで噂レベルですが。

ただ、2014年初めにWSJは、今年はサイズの異なる4.5インチと5インチのiPhoneが登場すると報じていて、小さい方の端末は既に開発段階から離れ、大量生産の準備中だという話もありました。

一方、ブルームバーグによれば、iPhone 6のスクリーンは曲面になるなんて話もありましたね。

この傾向は、大きいスクリーンがポピュラーになってきている中国市場をアップルが狙ってるから、とも言えそうですね。これら噂の信ぴょう性がどうであろうと、スクリーンが大きくなるiPhoneって良さそう。次のiPhoneが出るまであと半年くらいでしょうか、楽しみですね〜!

Reuters

mayumine(Jamie Condliffe/米版