エリアも広がる。auが受信最大150Mbpsの「キャリアアグリゲーション」を導入へ

エリアも広がる。auが受信最大150Mbpsの「キャリアアグリゲーション」を導入へ 1

高速通信がまた進化した!

auは2014年の夏から国内で初めて「キャリアアグリゲーション」を導入して、下り最大150Mbpsの高速通信対応のエリアを全国で拡大していくことを発表しました。

エリアも広がる。auが受信最大150Mbpsの「キャリアアグリゲーション」を導入へ 2

キャリアアグリゲーションとは耳慣れない方も多いと思いますが、これは次世代通信技術「LTE-Advanced」の技術の一つ。複数の周波数帯を同時に利用してLTE通信をおこない、通信速度を上げられるというメリットがあるので注目されています。例えば、今までは1車線づつしか使えなかった道路を束ねて2車線同時に利用するようなイメージ。効率的だなー。

auは2.1GHz帯と800MHz帯のそれぞれ10MHz幅を利用してキャリアアグリゲーションを行うことで、下り最大150Mbpsの高速通信が実現するそうですよ。

すでにauは一部地域において2.1GHz帯のみを利用して150Mbpsでの通信サーヴィスを提供しているのですが、キャリアアグリゲーションを採用すれば2015年3月末には150Mbpsで通信可能な基地局を全国で2万局まで一気に増えるそうです。これは楽しみ!

ただ、LTE-Advancedならびにキャリアアグリゲーションを利用するには対応スマートフォンが必要となっているのが残念なところ。現在お手持ちのスマートフォンではこの新技術はまだ利用できないのが、なんとも歯がゆい。

auの夏モデルから対応が始まるのかな?

source: KDDI

(塚本直樹)