「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」には人間の恋人がいた

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」には人間の恋人がいた 1

音速を超えるイケメン(?)ハリネズミ。セガの看板キャラクターとしては有名ですが、「ソニックはバンドマンのボーカルで、マドンナという人間の彼女がいた」という設定はご存知でしょうか。

こんなソニックに関する豆知識が兄弟メディアコタクジャパンで掲載されていたので、いくつか紹介したいと思います。

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」には人間の恋人がいた 2

スーパードンキーコング2/Donkey Kong Country 2」では、「No-hopers」(望みなし)と書かれたゴミ箱の横にソニックの靴が見える。

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」には人間の恋人がいた 3

マイケル・ジャクソンは、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ3」の音楽を担当していた。彼の名前がクレジットに載っていない理由は、メガドライブ上で再現された彼の楽曲の音をマイケルが気に入らなかったからでは、と言われている。

その他にもマイケル・ジャクソンクリントン大統領セオドア・ルーズベルトから…ソニックとどんな関係があるんだよ! という豆知識が披露されていましたので、気になる方はコタクジャパンにて確認してみてください。

source:コタクジャパン

(ギズモード編集部)