「事後ピント合わせ」のLytro、新しいけどもう古い?

事後ピント合わせは他社が追随、他のポテンシャルは未知数。

ライトフィールドカメラのLytroは、「撮影後にピントを合わせる」という従来不可能と思われていたことを可能にして、写真の未来を切り開こうとしています。でもそこで使われているライトフィールド技術は、もう過去の技術なのかもしれません。

この数年、カメラ関連技術は停滞状態に陥っていました。スマートフォンがコンパクトデジカメのニーズを奪い尽くし、ハイエンドカメラは徐々にアップグレードされているものの、それを喜ぶのは一部のコアな人たちだけです。カメラ界の未来の星が待望される中、彗星のごとく現れたのがライトフィールドカメラ、Lytroでした。

写真の新しい「視点」

2012年発売のLytroは、コンシューマー向けでは初のライトフィールドカメラでした。小さな筒状の箱から、クリックするとフォーカスを変えられる不思議な画像が生み出されるんです。

Lytroは小さなマイクロレンズの集合がセンサーの前に配置され、撮影するシーンの光の強さや方向のデータを収集することで実現されています。そのデータが処理・再構築されて、後からピント合わせ可能な写真になります。普通のカメラみたいに瞬間をただ捉えるのとは全く違っていて、革新的なことには間違いありません。

Lytroで撮れる写真は、精細さという意味では最近のカメラよりむしろ劣っていましたが、画像を見ながら風景の中のある被写体にフォーカスをあてたり、ぼかしたりするのは楽しくて、多くの人が「これぞ革命」と評価していました。

新技術の限界

そして2014年になった今、Lytroはよりハイスペックでカメラらしい外観・使い勝手を備えたLytro Illum発表しました。価格は1,600ドル(約16万4000円)ですが、その分高品質であり、操作もしやすいとされています。

Lytroが進化したのは素晴らしいし、みんな歓迎してもいます。Lytro Illumはクールで未来的で、エフェクトもすごいです。でもそこには限界もあり、基本的にはLytroが抱えていた課題はまだ解けていないままなんです。Lytro画像専用Webビューワーは動作が重いですし、現在写真において重視されているプラットフォーム横断の共有もやりにくくなっています。画質も一般的なデジカメよりシャープさで劣っています。今どきの高精細画像に慣れている写真好きの目には、Lytroの画像は残念なものに映ります。

追随する他社

Lytroが内包する課題が残ると同時に、外側からは競合技術が迫っています。スマートフォンや一部のカメラでも、Lytroのライトフィールドハードウェアが作り出すエフェクトをソフトウェアでシミュレートすることで、撮影後のピント合わせを可能にしています。2014年期待のスマートフォンのふたつ(HTC One M8サムスンGalaxy S5)がこの選択フォーカス機能を搭載しています。グーグルのAndroidのカメラアプリにも入っています。

HTC One M8のDuo Cameraでは、通常のカメラレンズの他に距離情報を集めるためのふたつめのレンズを搭載し、そこにソフトウェアを組み合わせて選択フォーカスを実現しています。一方Galaxy S5ではソフトウェアだけでエフェクトを作り出しています。画像のコントラストのレンジを計算し、異なる部分をぼかすことで被写界深度の浅い状態をシミュレーションしているんです。ノキアのRefocusアプリでも、異なる点にフォーカスさせた複数の画像をひとつのファイルにまとめています。

これら後発技術は全体的にLytroに比べると力不足ではありますが、技術は進化していくはずです。ある程度改善すれば、選択フォーカス機能というニッチを埋めるには十分なレベルになるかもしれません。選択フォーカスはギミックのひとつなので、そのためだけのカメラに十数万円もかけるよりは、他のこともできるスマートフォンやカメラにオプションとして載っている方が好都合です。

こうしてモバイル端末メーカーが選択フォーカスの手法を開発する一方、カメラメーカーもその後を追っています。4月にはオリンパスがノキアのRefocusと同様の機能を持ったアウトドアカメラ、Tough TG-3を発表しました。マクロ距離で複数の点にピントを合わせた複数枚の写真を撮影し、それを合成してより多くの範囲をシャープにする「フォーカススタッキング」という技術を使っています。超近距離撮影にターゲットを絞ってはいますが、高解像度カメラとしては初めて選択フォーカス機能を取り入れています。

すでに多くのカメラではHDRモードで同じような合成処理を実現しているので、標準的なカメラがLytro的な機能を搭載するようになるのも時間の問題のように思われます。ただそこでの違いは、ライトフィールド技術を使う使わないかということで、使わないことでクオリティは相当下がりはします。

ピント合わせのその先へ

Lytroのジェイソン・ローゼンタールCEOは後続なんて意に介さず、「我々は世界についてのリッチなデータをライトフィールドの形で収集するところから始めていて、他とは根本的に違います。」と語っています。たしかに、技術的に違うということはわかります。でも一番大事なのは、その技術で「何ができるか」ということです。

Lytroも認めていますが、ライトフィールド技術はまだ歴史が浅く、現状の写真の代替になるほど成熟していません。大きなポテンシャルがありますが、その応用先は選択フォーカス機能のようなわかりやすいものだけではありません。実は、写真作りの中でももっと細かい微妙なところで役に立つものです。

たとえばレンズに関して言うと、ライトフィールド技術によって、望遠撮影に必要な機材を軽減できます。Lytro Illumに搭載のレンズは、30-250mm全域でF値2.0です。デジタル一眼レフカメラでこのスペックだと、ものすごいことになります。レンズサイズが小さくなることで写真の世界も大きく変わると思われ、これこそライトフィールド技術の真のメリットになるはずです。が、似たように見える他社技術が乱立していくと、ライトフィールド技術の良さは選択フォーカスだけではない、と伝えるのが難しくなりそうです。

Lytroの経営者は選択フォーカス機能のその先、写真の世界をどう動かしていくのかを、より大きな文脈で考える必要があります。ローゼンタールCEOは言います。「デジタルからライトフィールド/コンピュテーショナル・フォトグラフィーへの移行は、フィルムからデジタルへの移行と同じくらい大きな変化になると我々は考えています。」なかなか大胆な発言ですが、それを証明するには、彼らの技術をLytroという小さな箱よりさらに外に大きく広げていく必要があるでしょう。

Michael Hession - Gizmodo US[原文

(miho)