いつもの日用品をちょっと変えるだけで、こうも使い物にならないとは

いつもの日用品をちょっと変えるだけで、こうも使い物にならないとは 1

つま先がカジュアルに空いている長靴、石ででいた傘、お鍋の持ち手が隣同士に、デッキブラシの柄の位置が違う…。日用品の一カ所をほんの少し変えてしまうだけで、どうにもこうにもいかない物に早変わりです。もんのすごい使いにくい。どんな物も、そのデザインは小さなところから大きなところまで必須の形なのね。

このものすごく使いにくい日用品は、Katerina Kampraniさんの「The Uncomfortable Project」の一部です。なんでも「いつもの日用品を、とても使いにくいけれどぎりぎり使えるラインにデザインしなおすのがゴール」だそうで。

ネタ元にある彼女のサイトでもっと見ることができますよ。個人的に好きなのは、砂時計のようなソルトシェーカー。

kk studio

Casey Chan - Gizmodo US

(そうこ)