グーグルがコンタクトレンズ用に超小型カメラの特許を出したそうです

140416ngooglelenz.jpg

極小!

Patent Boltによると、グーグルがコンタクトレンズに埋め込む超小型カメラの特許を出願したそうです。

グーグルはグーグル・グラスのようなウェアラブル・デバイスを開発していますが、実は血糖値の測定が可能なコンタクトレンズを開発していることも以前に伝えられました。

こんかい特許申請したコンタクトレンズ用カメラは、写真撮影ができることができるのはもちろん、視覚障害者の手助けをすることも可能なんです。

具体的には、ユーザーの視野を解析することで交差点内にどんな障害物が近づいてくるかを検知したり、交差点内が安全になった後にユーザーのスマートフォンにアラートを飛ばすことも可能なんだそうです。便利だなあ。

どれだけ実用化されるかは、まだ現在では全く分かりません。ですが、このままの流れだと、将来的にメガネやコンタクトレンズはさまざまな機能を搭載したスマートデバイスに進化していってもおかしくありませんね〜。

source: Patent Bolt via 9to5Google

(塚本直樹)