ガラスでできたトースター登場。海老もお肉もなんでも焼ける

20140417glasstoaster.jpg

あ、このタイプのトースターか!

日本でトースターというと、パンを平置きにするタイプが浮かびますが、これはアメリカでよく見られる挟むタイプのやつです。チーンと音がして、パンがポンっとでてくるタイプのやつです。それがガラスでできてるってんだから、確かに面白い外観ですね。焼ける様子が見られるのも楽しい。

20140417glasstoaster01.jpg

ミラノで行なわれたEuroCocinaトレードフェアにて展示された、Clemente BugattiのトースターNoun。セミコンダクターをガラスに埋め込むことで実現したのがこのデザイン。パンだけでなく、海老やお肉などさまざまなものを焼くことができます。連携しているスマートフォンアプリを使えば、トースターの温度を細かく調整することも可能。

どうせ高いんでしょと思ったら、やっぱり高かった。その価格は1000ドル(約10万円)。来年、米国内で発売予定。

10万あったら、オーブンレンジの方が欲しいな。この挟むスタイルだとピザトーストとかできんやん…。いや、おやつにピザトーストを食べる人はターゲットじゃないのか、そうかいそうかい。

source: PSFK

John Smith - Gizmodo US[原文

(そうこ)