ブックオフで売った品がヤフオク!に出品される「リユース革命」はじまります

2014.04.24 18:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140424-ogo.jpg


発行部数が少なかった超レアな本が、ヤフオク!で入手できる見通しです。

ヤフオク!ブックオフがタッグを組みました。第一段階はブックオフとヤフオク!が直結して、古本がどんどんヤフオク!につぎ込まれる見通しです。

ヤフオク!としては出品物を増やしたい。ブックオフとしては在庫を減らしたい。そして今までだったら売れ残って廃棄していた本も、ネットで販売するようになるわけですね。

ブックオフで108円の本を買ってamazonのマーケットプレイスに出品する競取りを、個人を介さず上位プレーヤ同士がやってしまうわけで、両者にとってこのバロムクロスはまさにWin-Win。

第二段階は、2014年7月を目処にブックオフがなんでも買い取ってくれるようになるということ。ヤフオク!で販売できるモノなら、なんでもです。

現在も本・CD・ゲームソフト・携帯電話の買い取りを行っていますが、将来的にはハードオフやオフハウスが扱っているような楽器・カメラ・時計・AV機器・家具・衣類・雑貨なども売れるようになるみたい。不要品はなんでもブックオフで処分できる…これはあっちこっちで影響を及ぼしそうです。

第三段階はヤフオク!で販売する品の物流を一手に賄う、日本最大級のリユースセンタの開設(2015年度中の予定)。BtoBのマーケットプレイスとしての活用も想定しているということは、新古書のような売れ残り品もこのタッグで面倒みますよってこと。うわ、これは大きい。倉庫一掃セールもヤフオク!でやる時代がくるのか!

売却するほうとしては、相場の何割(何パーセント?)で買い取ってくれるシステムになるのかが気になりますが、引っ越しの際など何でも一気に処分したい時に頼れる存在ができるのは頼もしいですね。


source:ヤフオク!

(武者良太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今すぐ使えるかんたんPLUS ヤフオク! 攻略大事典
  • 山口 裕一郎,リンクアップ|技術評論社
  • ブックオフの真実――坂本孝ブックオフ社長、語る
  • 坂本 孝,松本 和那|日経BP社