マイ・シアターを「かける」。エプソンのメガネ型ガジェットMOVERIO

    マイ・シアターを「かける」。エプソンのメガネ型ガジェットMOVERIO 1
    ライフ・オブ・パイを視聴中。興奮気味です。

    グーグルグラスにライバルがまたもや。

    ニコニコ超会議の超時空研究所ブースでエプソンから5月29日に発売予定のスマートグラスMOVERIOを触ってきました。

    実はエプソンから発売されるメガネ型デバイスは2作目。グーグルグラスや先日発表されたinforodは片目のディスプレイなのに対して、MOVERIOは両目用。自分だけのスクリーンとして、いつでもどこでも好きな映像を見ることができます。

    マイ・シアターを「かける」。エプソンのメガネ型ガジェットMOVERIO 2

    ヘッドセットから見ている映像はこんな感じ。これが両目で見えます。遠くを見れば見るほど大きく映像を見ることができ、20m先は320型相当、10m先は160型相当の大画面を楽しめます。ハンズフリーになるのが嬉しいですね。それにしても、どうしてプロレスなんだろうか。

    マイ・シアターを「かける」。エプソンのメガネ型ガジェットMOVERIO 3

    手前に写っているのがコントローラーです。ヘッドセット上にスマホに似た画面が表示され、指で操作するギミック。トラックパットの感度は素晴らしく、ストレスなく操作ができました。

    マイ・シアターを「かける」。エプソンのメガネ型ガジェットMOVERIO 4
    ヘッドセットにつけられるシェードは2タイプ。映画は暗い方で見ます。

    もちろんコンテンツを視聴するだけではありません。Android 4.0が搭載されていて専用アプリをダウンロードすることもできます。その他にもカメラが搭載されていたり、なかなかのスペックだったので詳細をのせておきます。

    液晶パネル画素数:960×540qHD

    OS:Android 4.0

    駆動時間:最大6時間

    重さ:ヘッドセット…88g、コントローラー…124g

    外寸:ヘッドセット…185mm×170mm×32mm

       コントローラー…55mm×120mm×19mm

    カメラ:30万画素

    センサー:GPS、地磁気センサー、加速度センサー、ジャイロ

    メモリ:RAM…1GB、ROM…8GB

    通信:Wi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetooth 3.0

    価格は7万円程度を予定しているそうです。今年はウェアラブルガジェットが去年よりももっと増えていきそうですね。

    source: ニコニコ超会議3, EPSON

    (嘉島唯)