SiriでSpotifyから家のステレオまで、あらゆるモノが操作できるハック

SiriでSpotifyから家のステレオまで、あらゆるモノが操作できるハック 1

サードパーティ機能もボイスコントロール。

SiriとかGoogle Nowとか、スマートフォンのボイスコントロールってすごく便利です。そんなSiriの機能をさらに拡張してしまうハック、その名も「Googolplex」が公開されました。これを使うと、家のステレオとかサーモスタットとか、やろうと思えばほとんと全てのものをSiriでコントロールできるんです。

使い方は簡単。iPhoneのHTTPプロキシ設定でGoogolplexのサーバを指定しておいて、ボイスコマンドを言う前に「Googolplex(グーゴルプレックス)」って言うだけです。するとサーバがコマンドを受け付けて、SpotifyやNestのサーモスタットを操作してくれます。その他にはTeslaをアンロックするのにも使えるそうですよ。

Googolplexにはすでにビルトインのコマンドがひと通り入っていますが、アカウントを作ればJavascriptでオリジナルのコマンドを作ることもできます。もちろん他の人が新たに追加するコマンドも使用可能。Googolplexを開発したFour Loop曰く、この状態は「Siri用のApp Storeみたいなもの」だそうですよ。

すごく便利で楽しそうですが、理解しておくべきことがあります。まず、ボイスコマンドがGoogolplexを経由するので、Siriのレスポンスが今まで以上に遅くなること。ふたつめは、Googolplexの仕組みが「中間者攻撃」という手法を使ったもので、つまりSiriの脆弱性に依存したサービスだということです。

でもFour Loopは、Googolplexサーバにルーティングされるのは「Googolplex」で始まるコマンドだけだと言っています。それはユーザーのプライバシー保護のためでもあり、彼らのサーバの負荷を抑えるためでもあります。

といっても、基本的にGoogolplexを使うことは、iPhoneのデータ盗聴を許可するということでもあります。なのでプライバシーを気にするなら、使わない方がベターでしょう。また次のバージョンのiOSでは、この脆弱性が修正されてしまうものと思われます。

今のところ、GoogolplexはSiriに新たな機能を簡単に与えてくれるおもちゃ的なものです。また、サードパーティのデベロッパーにボイスコントロール機能を開放するとこんな楽しいことができるんだっていう見本でもありますね。遊んでみたい方は、アップルが穴をふさいでしまう前に設定してみてください。

source: Googolplex

Eric Limer - Gizmodo US[原文

(miho)