ついに出たプレミアムコンパクト一眼「ライカT」

140425-LEICA-T.jpg

ライカ100周年の記念モデル…ではなく、チャレンジャーとして再スタートを切るための新発明。そう感じます。

ライカTがついに公開されました。M8/M8.2以来のAPS-Cサイズのセンサーを使ったレンズ交換式ミラーレスです。

旧来のMシリーズや、同じくAPS-Cサイズのセンサーを採用している高級コンデジXシリーズのデザインを踏襲せず、新たな形を模索しています。ぶっちゃけていえば「ライカらしくないデザイン」になっちゃった。

でも歴史のあるブランドだからこそ、創造的破壊がもたらす進化が重要なのは周知のとおりですよね。

140425_Leica_T_us_low_02.jpg

140425-T_DE-EN_03-R.jpg

背面にはボタン類がいっさいなし。3.7インチのタッチパネル液晶を採用し、タップ、スワイプ、ピンチしながら設定を詰めていく仕様です。

140320_Leica_T_us_low_05.jpg

上面にあるコントローラは(マニュアルによれば)クリックホイール×2。アイコン・数字といったインフォメーションが一切ないので、絞り・シャッタースピード・ISO・露出補正などを自由に割り当てられるのでしょう。

140425-T_DE-EN_01-R.jpg

バッテリーはバッテリーカバーと一体型。いいかわるいかの判断には迷いますが、せっかくのアルミ削り出しユニボディに余計な蝶番やバネ、蓋をつけたくなかったのだと想像できます。USBで充電できますし。

140425_Leica_T_us_low_03.jpg

iPhoneやiPadでのワイヤレスコントロールも可能です。フルHDの動画も撮れます。純正のMマウントアダプターを使うことでMレンズを絞り優先AEモードなどで使えるとのこと。レンズの味わいにこだわりたい映像作家さんにとっても魅力あり?

機能面でいえば、日本のメーカーの製品のほうが上でしょう。お値段も23万7600円とAPS-Cサイズのデジカメとしてはかなりのもの。

しかし比較的コンパクトで軽量、それでプレミアムな雰囲気を持つ富士フイルムのX-T1がフィルムカメラ的な操作感を狙ったのに対し、ライカTはスマートフォンが培ったインターフェースを貪欲に取り入れています。

決して、万人が求めるカメラではないでしょう。でも、お金を払うことで誰でも味わえる革新性があるのは事実。市場にどう受け止められるのか、じっくりと見てみたい気がします。

とまとめつつも、こういうのが欲しい気持ちもなくせないわけですが。人の夢、 人の望み、 人の業は深いです。

source:ライカ

(武者良太)