自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した

Sponsored

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 1

ゼロ・グラビティ」を見てきました。人が宇宙遊泳する浮遊感、目に見えないスピードで飛んでくるデブリが迫ってくる恐怖感、スペースステーションのメカメカしい巨大なスケール感は、映画好きにはたまりませんね! あの迫力が大画面で見れるなんて素晴らしすぎます。これまで見た中でも、最高のSF映画だと思いました。

あれ、確か「ゼロ・グラビティ」って2013年秋の映画だよね? いえ、ちょっと違います。今回見たのは、4月にリリースする「ゼロ・グラビティ」のブルーレイなのです。一足先に鑑賞したこのブルーレイの仕上がりがすごくいい感じでした。

何と言っても宇宙360度の映像体験が、自宅にいながら映画館と同じ、もしかしたら映画館以上の臨場感が堪能できちゃう、見事な内容に仕上がっています。細部まで描かれた宇宙メカ、目に見えない速度で飛んでくるデブリ、宇宙飛行士の無重力感。宇宙空間の描写の映像美が美しい。SF映画好きだけでなく、映画好きな皆さん全員に楽しんでもらえるブルーレイですよ、これは絶対に。

「ゼロ・グラビティ」ブルーレイがあれば、映画館で見る必要はない

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 2

今回リリースされる「ゼロ・グラビティ」のブルーレイ&DVDセットは、映画館では見えづらかった細部映像や、映画館にも劣らずリアルで臨場感溢れる音響効果が詰め込まれているのが、最大のポイントです。上のイメージカットを見てもお分かりかと思いますが、色彩や光の反射、質感まできめ細かに見ることができます。

ここ数年で3D映画が日本でも浸透してきましたよね。特に宇宙がテーマのSF映画ならなおさら映画館で、という意見も多いはず。

でも3D映画で見てイヤだなーと思う時って、必ず特殊な3Dメガネをかけなくてはならず、かけてる違和感や見終わった後の疲労感を感じる時があることなんですよね。それから、3Dメガネは明るさを遮断するフィルター式を採用している場合が多いので、本来の映像の明るさや鮮明さがメガネを通して見難くなってしまうというデメリットもあるんです。

ですが、ブルーレイの場合でしたら、そんな悩みも無し! 鮮明でクリアな映像がそのまま自宅のテレビで体感できます。

「ゼロ・グラビティ」のブルーレイも同じでした。3Dで見ないと意味ないのでは?映画館の大スクリーンじゃなくて迫力あるの?という意見を払拭するほど、美しい映像体験が自宅で楽しめちゃいます。

「ゼロ・グラビティ」を宇宙気分で見る方法を考えた

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 3

2014年のアカデミー賞で監督賞を含む7部門を受賞した「ゼロ・グラビティ」は、日本でも2013年末からかなり話題になっていましたよね。ちなみに、ギズモード編集部員全員が見てるという珍しい映画でもありました。

さらに、宇宙やスペースステーションはギズモードでも事ある度に取り上げてきているネタで、読者の皆さんにも人気のテーマでもあります。

ですので、今回「ゼロ・グラビティ」のエンターテイメント性と映像美は普通に体験するだけでは、非常に惜しい! 「ゼロ・グラビティ」のエンターテイメント性に匹敵することをやらなければ、作品へのリスペクトを表わせないのではないか? そんなことから、どうすれば「ゼロ・グラビティ」を最大に楽しめるか、鑑賞方法を考えてみました。

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 4

考えた末、宇宙服を着て映画を見ると宇宙にいる気分に浸りやすくなるのではと思いつきました。宇宙服から見たブルーレイは、普段見るブルーレイとは全く違う映像に映って見え、テンションも上がるに違いない! さっそく宇宙服を準備してみました。

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 5

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 6

さらに、宇宙空間を演出するために宇宙食を用意、そして家庭用プラネタリウムも用意し星を投影する演出を計画。これだけあれば、「ゼロ・グラビティ」のブルーレイを見ながら宇宙にいる気分を体験でき、映画にもっと没入できるのでは? もしかしたら世界初の宇宙服ブルーレイ試聴会かもしれない!? そんなことを考えながら、「ゼロ・グラビティ」を見てきました。

吸い込まれそうな映像美

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 7

ブルーレイを見だして一番最初に目に入ったのは、地球の鮮明さです。背景に映っている地上の様子が、緑や茶色など様々な色彩で大地が描かれているのです。小さな点ですが、こんな描写は映画館では絶対に気付かなかった!

ブルーレイでは、この他にも映画館で見た時には気付かなかったポイントが数多く見付けられましたよ。例えば太陽の光が反射した時の地球の青や、宇宙の深黒といった、素晴らしいコントラスト。暗い劇場では分かりづらかった自然の美しさが再現されていて、地球は地球らしく、宇宙をもっと宇宙らしく見えます。青や黒でもいろいろな表現ができるんだなあー。

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 8

またカメラアングルや光の加減に合わせて微妙に変化していく色彩も大きな見どころです。この映画の特徴でもある、カットせず長い間カメラで撮影し続ける「長回し」がここで活きている感じ。

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 9

長回しを上手く活用することで、カメラに合わせて映像と色彩も変わるところがとても面白い。例えば、宇宙飛行士のヘルメットにあたる光の角度が変わるごとに、バイザーに星や機材が反射して映ったり、人の顔が映ってみえます。カメラが移動するごとに視点も変わるので、まるで映画の中に自分がいるかのような目線で映像の変化を楽しめます。

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 10

さらに素晴らしかったのは、細部までこだわった映像が鮮明に見えることが何より嬉しい。例えば宇宙服の素材、シャトルについた無数の細かい傷までブルーレイでは見事に再現されています。さらにバイザーに浮き出るハアハアする息の様子や汚れや埃、ジョージ・クルーニーの無精髭までハッキリ見ることができ、リアル感が伝わってきます。

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 11

それから宇宙フェチにはたまらないデブリとの衝突シーンも大迫力で再現されていますよ。デブリが向かってくるスピード感、衝突後スペースステーションがばらばらに崩壊していく様子、無数のパーツが宇宙に散漫していく描写が、凄まじい撮影スピードのなかでも細かく描かれている様子は凝視せずにはいられません。

特にデブリが迫ってくるシーンは、映画館では暗くてよく見えなかった細かい破片までが遠くからでも目視できちゃって、切迫感が極度に高まります。これは圧巻!

ブルーレイで改めて見てみると、2Dなんですけど、ブルーレイにも圧倒的な没入感があって、映画館で見た時と同じような感動を覚えました。映像の鮮明さや美しさがここまで引き出されると、自分が宇宙空間にいるような感覚に浸ってしまいます。

カメラと一緒に移動する音に感動

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 12

次に驚いたのは、主人公の目線やカメラの場所によって常に移動し続ける音です。「ゼロ・グラビティ」は決して派手なテーマ曲で恐怖感を煽るような映画ではないのですが、宇宙で浮遊している感覚を音響で伝えて実感させてくれます。部屋を暗くすると、効果がさらに倍増して迫力アップ!

例えばジョージ・クルーニーが画面を右から左へ飛行すれば、音も右チャンネルから左チャンネルへ移動し、見ている自分の目の前をあたかも移動しているような感覚にしてくれます。

僕が普段見る映画では、左と右チャンネルから出る音にそれほど注意して聞き入ることはそんなにありません。ですが「ゼロ・グラビティ」は主人公やカメラに合わせて常に目線が移動します。ですので、自然と音も目線に合わせて移動していくのです。すごく細かい設定なのですが、それだけでキャラクターや宇宙の臨場感伝わってきて、見ているとゾクゾクします。

この音響効果は、自宅にサラウンドシステム環境があればベスト。左から右に、飛んでくるデブリの音やクラッシュする音、何もない宇宙で小さく聞こえるNASAからの通信音や噴射する酸素の音まで、サラウンド効果で圧倒的な音場を楽しめますよ。ぜひ映像にあわせて音が移動する様子を体験してみてください。

大画面テレビ、そしてサラウンド環境。「ゼロ・グラビティ」を見たら、ブルーレイを爆音で見れる環境が欲しいなぁなんて本気で思いましたよ。

特典映像の「アニンガ:地球との交信」が見逃せない

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 13

もしかすると本編と同じくらい大事な作品かもしれません。特典映像にあるショートフィルム「アニンガ:地球との交信」は皆さんにはゆっくり最初から最後まで見て欲しいです。

アルフォンソ・キュアロン監督の息子ホナス・キュアロンが監督したもう1つの「ゼロ・グラビティ」、それが「アニンガ:地球との交信」。本編で声だけ出演した謎の人物が誰だったのか、どんな生活を送っているのかがこの映像で明らかになります。

短い映像ですが、映像もストーリーもシンプルで非常に美しい。舞台は、スマホやPC、ロケットといった最新技術に囲まれた社会とは正反対の、何もない白い雪の世界。でもそこにも人の生きるチカラや家族のチカラがあり、映画並の感動的でパワフルなメッセージが伝わってきます。

この映像を見た時、最後まで一言もしゃべることなく見入ってしまいましたよ。ぜひご自宅の照明を暗くして、じっくり鑑賞していただきたいです。

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 14

見終わった後、「生命」や「生きる」こと、そこが宇宙だろうが極寒の地であろうと、人が生きている場所には変わらず、これからも人が生きていくんだろうなぁなんて考えていたら、「宇宙食を持ってこっち向いて」といきなり言われて我に返った。折角思いに浸っていたのに。

オススメは「ブルーレイ&DVDセット」

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 15

実際に宇宙服を着てテンション上げて視聴するつもりでいましたが、「ゼロ・グラビティ」ブルーレイの想像以上の映像美で逆にテンションを引き上げられました。思わず「ゼロ・グラビティ」のポスターにあるポーズで感動を表現しようとしましたが、重力があるとやっぱりダメですね。

宇宙服や宇宙食は必要ありません。このブルーレイを見るだけで、行ったことの無い宇宙空間が映像と音によって目の前に広がる感じで、文句なしに迫力ある映像体験に引き込まれます

さらに言えば、2Dのブルーレイのクオリティの高さに圧倒されました。映画館でも見ましたが、2Dでも映画館のクオリティと変わらない映像が楽しめるのがグッドポイント。ブルーレイなら何度でも見ることもできますしね。

自宅に置くならこの1本。「ゼロ・グラビティ」ブルーレイ版の圧倒的な映像美に心酔した 16

「ゼロ・グラビティ」は2つのパッケージでリリースされます。3,790円(税抜)の「ブルーレイ&DVDセット(2枚組)」が絶対オススメ。本編、特典映像がついてこのお値段。買わないには惜しいほどリーズナブルですよ。Amazonで見たら3,000円切ってますね。映画館2人分の料金よりも断然お得。

もし、ご自宅に3D対応テレビがある方には、5,790円(税抜)の「3D&2Dブルーレイセット(2枚組)」で楽しめます。3Dで絶対見たいならこちらがオススメです。こちらAmazonでは27%オフになっています。

「ゼロ・グラビティ」のブルーレイは、映画館に行かなくても、自宅で映画クラスの映像体験ができる、ブルーレイの決定版かもしれません。もし家に1つだけ置いておけるなら、「ゼロ・グラビティ」を間違いなく選んじゃう。ああ、もう1度見たくなってきた!

ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット

(執筆:鴻上洋平、撮影:河原田長臣)

(c)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.