【閲覧注意】時速225キロのバイク事故の瞬間

しかも、事故にあった本人の目線。

ヘルメットにカメラ装着でバイクに乗っていた撮影者、まさか事故にあうとは。時速140マイル(約時速225キロ)で、前方を走っていた車に突っ込んでいます。映像を見ると、飛ばされて道の横まで転がったようですが…。不幸中の幸いで、バイクに乗っていた人は一命をとりとめました。よかった。

よそ見運転はダメ。しっかり前を見ましょうね。

追記(2014/05/12 9:54)一部表現が適切ではなかったので変更いたしました。ご指摘いただきありがとうございます。

Casey Chan - Gizmodo US[原文

(そうこ)