5千円札がリニューアル。でも何が変わったの?

2014.05.12 07:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1405085senen.jpg


ささやかな、でもとても大事な改良です。

現在の5千円札からちょっとだけリニューアルされたものが本日12日から発行されます。デザインや描かれた人物に変わりはなく、これまでどおり樋口一葉が続投。ではどこが変わったんでしょうか?


2014-05-09osatu01.jpg


こちらは財務省のページに掲載されている変更点を表した画像。これによると、左下にあるホログラム上の透明シール形状が「楕円形」から「四角形」へと変更になるとのこと。この変更にともなってシールの面積は1.7倍に拡大されるのですが、なぜこうなったか?というと、1万円との触覚差別化を行なうため。

現行では1万円札と5千円札のホログラム保護シールは、どちらも形状は楕円形。両方とも同じ手触りとなるため、目が不自由な方には2種の紙幣の違いがわかりづらいという問題がありました。そこでシール形状を変更し、その違いをわかりやすくするのが狙いです。

また、触覚判断が難しい方のためのサポート用として、iOS用アプリ「言う吉くん」も公開。カメラでお札を映すとその額面を音声と画面で教えてくれます。

ちなみにお札を手触りで判断するには、透明シールの他にお札の左右の下隅にある「識別マーク」でもできるって知ってました?


2014-05-09osatu02.jpg


これは国立印刷局に掲載されている識別マークの見本です。現行紙幣の1万円札は「カギ型」、5千円札は「八角形」、千円札は「横棒」、幻の二千円札は「に(点字)」がそれぞれ印刷されており、この部分はザラザラとした手触りになっています。このマークと透明シールでお金を判断できるというわけなんですね。

何気ないデザインかと思いきや、それにはちゃんと理由がある。そんな日本のお札の緻密さ、精巧さ、そして今回のような心配りは本当に凄いと思うなぁ。


source: 財務省, 国立印刷局

(小暮ひさのり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ELECOM FITTIO マウスパッド High ブラック MP-116BK
  • エレコム
・関連メディア