Beats創業者のDr. Dre、アップルからの買収を認める

自ら「ヒップホップ界初の億万長者になった」と宣言。

アップルがBeats買収という噂について、Beats創業者のDr. Dre本人が認める発言をFacebookの動画で公開しました。この動画は俳優のタイリース・ギブソン氏がFacebookにポストしたもので、その後削除されましたがすでに多くの人がコピーしていて、今はYouTubeで見られる状態になっています。

元の動画が公開されたのは先週木曜日の夜でした。Dr. Dreは彼のスタジオで、ゴキゲンなお祝いムードです。彼は自身を「ヒップホップ界初の億万長者(ビリオネア)」と表現しています。ギブソン氏も何回も「32億ドル(約3248億円)」と、アップルによる買収額とされる金額を口にします。また、今やDr. Dreは「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」の一員なんだから、「フォーブスは世界の富豪ランキングを書き換えるべきだ」という発言もあります。

ただ、この動画の中では「アップルのBeats買収は決定」とはっきりと言ってるわけではありません。でもDr. Dreが32億ドルを手に入れたらしいことと、このお祝いムードを見ると、もう確定事項なのだろうと推測できます。

source: Facebook via The Verge, YouTube

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(miho)