自由自在に絵柄を表示できるeインクが搭載されたマグカップ

インタラクティブ湯のみ。

Muki mugは、熱いコーヒーを注ぐことで電源がオンになる、eインクディスプレイが搭載された斬新なマグカップ

Bluetooth通信でモバイル端末から画像を転送、毎朝子供の写真なんかを送るのも良さそう。充電用のバッテリーやケーブル類は不要、マグカップの下部のスチールの中にある熱電発電機で、熱い飲み物を注いだ時に電源が入るという仕組み。

自由自在に絵柄を表示できるeインクが搭載されたマグカップ 1

残念ながらこのマグカップは今のところ非売品で、フィンランドのPauligというロースターのプロモーション製品として作られたものです。

もし試してみたければ、ウェブサイト上から「potential beta tester(そのうちベータテストに参加できるかもしれない人)」に登録することで試すことができるかもしれません。

source: Paulig Muki via Mashable

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(mayumine)