Facebook共有範囲の設定「友達」がデフォに。けっこう大きな変更?

Facebook共有範囲の設定「友達」がデフォに。けっこう大きな変更? 1

ザッカーバーグ的「まずはお友達からはじめましょ(はーと)」だそうです。

Facebookは米国時間の5月22日 (木) 、今後新たにFacebookに参加した利用者が投稿する共有範囲の初期設定を「友達」に設定することを発表しました。今までは投稿をFacebook利用者なら誰でも閲覧できる「公開」がデフォルトだったんですよね。

全利用者に向けて投稿したいと思う人がいる一方、自分の友達だけなど、小さなグループと共有するほうが安心だと考える利用者もたくさんいます。

Facebookでは、友達だけにシェアするつもりのコンテンツが誤って全利用者に公開されてしまう場合の影響は、その逆の場合に比べて大きいことを理解しています。

そのため、今後新たにFacebookに参加した利用者が投稿する共有範囲の初期設定を「友達」に定設定することになりました。

(FACEBOOKプレスリリースより)

上のBefore→Afterの画像は、iPhone用Facebookアプリに適用された「共有範囲のチェック」の新しい配置。投稿画面の上部に「共有範囲のチェック」を移動して目立たせ、「Friend」などのテキストもアイコンの横に表示されよりわかりやすくなっています。

初めて投稿する際に、共有範囲を選択するように確認メッセージが表示されますが、選択しない場合は「友達」に設定されるそうです。

Facebook共有範囲の設定「友達」がデフォに。けっこう大きな変更? 2

これはけっこう大きな変更に感じられます。技術的にではなく、Facebookの考えるソーシャルのビジョンに対して。

ひょっとしたら、一時話題となったFacebookのアイディンティティでもある「実名推奨」の仕組みづくりにも変化が訪れるかもしれません。いや、それはないか...? いやいや...。

source: Facebook

(尾田和実)