世界を揺るがすIEの脆弱性。日本人が対策ソフトを開発

140501nie611patch.jpg

XPユーザーの方はぜひ対策を!

先日発見された、Internet Explorerの全バージョンに影響をおよぼすゼロデイ虚弱性問題。30日の時点ではマイクロソフトからセキュリティパッチが配布されておらず、どうしたものか…と思っていたところ、日本のソフトウェア技術者の西村誠一さんが無料の対策ソフトを公開してくれました!

対策ソフトの配布サイトはこちら。マイクロソフトは当面の対策方法の一つとしてVGX.DLLを無効化することを推奨していますが、このソフトではそのVGX.DLLの登録と解除が簡単におこなえます。対象となるのは、IE6~11。

マイクロソフトではこちらのホームページでセキュリティーホールに関する6つの対応策(VGX.DLLの無効化を含む)を公開していますが、素人目にはどうやって対策したらいいのか、また対策がきちんと有効になっているのかわかりにくいのが実態です。ですので、今回発表されたフリーソフトでパパっと対策を終わらせてしまうのが吉かもしれませんね。

先日サポートが終了したWindows XPではセキュリティパッチが配布されるかどうかすら不明となっています。XPユーザーの方は今回の対策ソフトにしろマイクロソフトが公開した手順にしろ、何らかの対策をきちんとする必要がありそうです。

source: 対策ソフト配布サイト via CNET Japan

(塚本直樹)