次期iPhone 6のディスプレイはさらに高解像度に?

140515niphone6resolution.jpg

画面サイズを考えれば当然かも?

アップル情報に強い海外サイトの9To5Macによると、次期iPhoneの画面解像度はiPhone 5sで採用されている1136×640ドットから1704×960ドットにアップグレードされるそうなんです。縦横共に1.5倍になる計算ですね。

次期iPhoneは画面サイズの大型化し4.7インチモデル5.5インチモデルの登場が噂されていますが、これだけ画面サイズが大型化すれば画面解像度も同時に上がるのは自然な流れ。ただし、アプリの開発者の負担を考えて、アップルは画面解像度を上げないんじゃないかな〜みたいな観測もあるそうです。

次期iPhoneの画面解像度については色々議論があって、例えばアップル製品の噂で有名なKGI証券のミンチー・クオ(Ming-Chi Kuo)さんは4.7インチモデルの次期iPhoneの画面解像度を「1334×750」になるんじゃないか、と予測しています。でも個人的には、現行解像度のちょうど1.5倍にあたる1704×960ドットが一番ありえるんじゃないかな、と思います。なんせキリがいいですから。

現在ほとんどのAndroid端末にフルHD解像度(1920×1080ドット)のディスプレイが搭載されていることを考えれば、次期iPhoneの画面解像度が1704×960ドットにアップグレードされるのは当然、というか、むしろぜひして下さいって感じ。

source: 9To5Mac via MacRumors

(塚本直樹)