ISO409600が20万円台前半。ソニー「α7S」ついに発表です

ISO409600が20万円台前半。ソニー「α7S」ついに発表です 1

初値はヨドバシカメラで24万8,400円。フジヤカメラで22万3,500円。想像よりはるかに安かった!

ソニー「α7S」を発表。ISO409600とか4K出力対応とか凄一眼ミラーレスこれがISO 409600のど迫力! ソニー、「α7s」の驚異的な比較動画を公開で編集部一同そわそわとしてしまった「α7S」が正式に発表されました。

既報のとおり、あえて1220万画素という低画素にすることで最高の高感度低ノイズを実現。拡張モードとはいえISO値40万という設定が使えるんですものねえ。圧倒的だわ。

オートフォーカスの精度も向上しています。-4EVという暗がりでもピントが合います。またシャッター音を消音するサイレント撮影機能も搭載。コンサートや発表会、野生動物の撮影に便利で、他にもいろんな場所で使えそうと考えてしまいますが、イケないシーンでの利用はお控えくださいね。

4K動画の記録機能こそ積まれなかったものの、レコーダー機能を充実させることで30万円台に突入するというならウェルカム。キャンプや花火のときでもフラッシュを使わず、手持ちで写真が撮りまくれそうと考えると、いまあるデジカメとレンズ全部売っても欲しくなります。どなたかD700買ってくれませんか。

でもほんと、変わるねα7Sで。写真の撮り様が。

source:ソニー

(武者良太)