製作初期では全く違うストーリーだったSF/ファンタジー映画

製作初期では全く違うストーリーだったSF/ファンタジー映画 1

私たちが見ている映画はもちろん「完成型」なのですが、製作の途中で様々な変化があったと思います。もしかすると「ボツ案」の方が面白かった…なんてこともあったかもしれません。

今回は「スター・ウォーズ」と「LEGOムービー」の知られざるボツ案を紹介したいと思います。

「スターウォーズ」

1973年に、ジョージ・ルーカス監督が映画雑誌のインタビューに応じた際、監督は「スター・ウォーズ」を「アラビアのロレンス」と「007」、そして「2001年宇宙の旅」を掛け合わせたようなモノだと言っていたそうです。

初期設定では、宇宙人が正義の味方で人類が悪役であり、ルークはウーキー族の長との戦いに勝利して、一族の長の息子として認められる予定だったとか。そしてベン・ケノービとハン・ソロが、帝国軍と戦うためにウーキーを鍛える...と。

ルーカス監督が「アメリカン・グラフィティ」を撮影していた頃、ウーキーは毛深いけれど背の低い設定だったそうです。そして「アメリカン・グラフィティ」に出演した俳優のチャールズ・マーティン・スミスさんとリチャード・ドレイファスさんは、監督に「スター・ウォーズ」にも出演させて欲しいと懇願しまくったのですが、突然ウーキーは今ご存知の高身長に設定変更され、ふたりは諦めざるを得なくなったとも語られています。

なので、「エピソード6/ジェダイの帰還」でイウォークたちが戦ったシーンは、おそらくウーキー族が戦う予定だった最初の設定が基になっていると言われています。

ほかにも、ルークの初めの設定は凶悪なキャラクター設定で、ハン・ソロにいたっては緑色したトカゲ型エイリアンだったと言うので、これもかなり大きな変更ですね。

トップ画像は、ダーク・ホース・コミックスの「ザ・スター・ウォーズ」から、ラルフ・マッカリーさんによるオリジナルのアートワークです。そこでは描かれているそうですが、やはり初期設定ではルークがダークサイドに堕ち、闇の皇帝になる話もあったのだとか。

さすがにハン・ソロが爬虫類っていうのはあんまり見たくありませんが、他の設定はちょっとだけ見てみたかったかなぁ? なんて思いますね。

 

「LEGO ムービー」

製作初期では全く違うストーリーだったSF/ファンタジー映画 2

面白おかしく笑えるは劇場版と同じですが、こちらも初期には違うお話だったという「LEGO ムービー」。メインの有名キャラはインディー・ジョーンズ博士で、悪者ブラック・ファルコンから超兵器スパボン奪還に失敗しまくるというストーリーだったようです。

一方、実はマスター・ビルダーにして選ばれし者だというエメットは、何でも自分の思い通りにしようとする母親と廊下を隔てた部屋に住んでいる設定

映画化されたエメットは、日頃の仕事や生活に疑問を持たない性格でしたが、元のシナリオでは自分の創造性を抑えることができないような性格で、建設現場での仕事でも指示されたこととは全く別の、愉快で意味のない物を造ってしまうようなクレイジー寄りの活動的なタイプだったのだとか。

で、エメットはその抑制できない創造性が災いして牢屋にブチ込まれてしまいますが、母親が脱獄させてしまうのです。すると母親は、ロボット・ニンジャに捕まってしまいさぁ大変

エメットとマスター・ビルダー修行中の元カノ(通称:ジェミナイ)は次元の狭間から「ロード・オブ・ザ・リングス」のホビット庄に立ち寄り、「スター・ウォーズ」の世界でR2-D2を拾い、別次元のポップな世界に転移してインディーとハン・ソロに合流します。

ちなみにですが、おしごと社長の名前は「アイアムノットロボット」だったのだそうです。生身の人間だよってことでしょうかね(見た目、思いっきりレゴですけども)。

制作費の都合や、監督の気分などで変わってしまったシナリオもたくさんあると思います。兄弟メディアそんなボツになってしまったシナリオをたくさん紹介していました。「E.T.」や「未知との遭遇」など「あ…もしかして変更してよかった?」なシナリオも紹介していたので確認してみてください。

source: コタクジャパン

(ギズモード編集部)