ゴジラにインスパイアされたムーヴィー・モンスターたち

ゴジラにインスパイアされたムーヴィー・モンスターたち 1

海外で公開された「GODZILLA」が大ヒットを飛ばしているのをみると、「ゴジラ」が世界に与えた影響は大きいのだなと感じることが出来ます。

今回は兄弟メディアコタクジャパンに掲載されていた「ゴジラ」が影響を与えた作品たちをから、いくつかの作品を紹介しましょう。

■クロノス

ゴジラにインスパイアされたムーヴィー・モンスターたち 2

1957年公開のSF映画「クロノス」は、モンスター映画ではなく巨大ロボットの登場するパニック・ムービーです。

謎の光る円盤が飛来し、そこから出現した巨大ロボットが資源回収のために人間社会を襲撃するというプロットになっていますが、特筆すべきは立方体を重ねただけのロボット「クロノス」の存在のユニークさです。

ひたすらエネルギーを吸収しながら前進を続けるというコンセプトは斬新で、無機的すぎるデザインが「ヱヴァンゲリヲン」に登場する使徒を思わせます。

なにしろ地球外生命体の生み出したロボットですから、ことさら人型にこだわって作る必要はないはずですよね。むしろ一周回って、リアルにすら感じられます。

■空の大怪獣ラドン

ゴジラにインスパイアされたムーヴィー・モンスターたち 3

東宝初のカラー怪獣映画「空の大怪獣ラドン(1956年)」は、欧米では「Rodan」というタイトルで公開されました。

ご承知のように、後にゴジラと数々の対決を繰り広げた名怪獣ラドンですが、この作品では捕食対象となる古代昆虫メガヌロンが登場するなど、サイエンス・フィクションとして魅力的な設定が描かれていました。

その他にも「ジュラシック・パーク」や「グエムル-漢江の怪物-」、「トレマーズ」などを紹介していました。「巨大生物が出てきたら猫も杓子もゴジラの影響かよ!?」なツッコミを是非してみてください。

source: コタクジャパン

(ギズモード編集部)