ポカリスエット、月へ飛ぶ。民間初の月面着陸を目指す「LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT」

ポカリスエット、月へ飛ぶ。民間初の月面着陸を目指す「LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT」 1

月の水で作るポカリスエット、飲んでみたい!

今日5月15日、人類初の民間企業による月面着陸プロジェクトが始動しました。その名も「LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT」(「ルナ ドリーム カプセル プロジェクト」以下、「ルナ・プロジェクト」)です。

ルナ・プロジェクトを率いるのは、日本の大塚製薬やシンガポールのアストロスケール社、米国のアストロボティック・テクノロジー社による「LUNAR DREAM実行委員会」。技術面では東京大学や九州大学、九州工業大学、そして由紀精密、海内工業、電化皮膜工業といった日本の中小企業も協力し、大中小企業そしてアカデミックも一体となって月への夢を目指します。

ルナ・プロジェクトのロケットに搭載されるのは、「LUNAR DREAM CAPSULE」とよばれるポカリスエット型のカプセルです。そこにはみんなのメッセージを刻んだプレートと、ポカリスエットの粉末が封入されます。2013年には月に水があることが発見されているので、いつかそのポカリスエットの粉末を月の水で溶かして飲むことができるのかもしれません。

またみんなのメッセージはこちらのルナ・プロジェクトWebサイトで募集中で、スマートフォンした内容がプレートに刻まれ、カプセルに収まって月に降り立つことになります。

民間宇宙船といえばSpaceXを思い出しますが、SpaceXの「ドラゴン」が到達したのはあくまで高度400㎞ほどの国際宇宙ステーション(ISS)です。ルナ・プロジェクトが目指す月はそのはるか先、地球から38万㎞の距離となります。

もはや無人機が火星に降り立っている現在、月なんて気軽に行けるものかと思われるかもしれません。が、去年無人機「嫦娥(じょうが)3号」を着陸させた中国が実は米国・ソ連に続いてたった3ヵ国目だったんです。つまり民間での月面着陸を成功させられれば、それ自体歴史に残る快挙となります。

また日本の視点で言うと、探査機「はやぶさ」に見られるような高い技術力を誇りながら、それを商業的に活用できていないことが大きな課題となっています。民間から宇宙に挑戦することには、その課題に答える意義があります。

ルナ・プロジェクトは2015年10月の打ち上げを予定しています。いつかポカリスエットを月の上で、青い地球を眺めながら飲めそうな気がして、ワクワクしますね!

source: LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT

(miho)