ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。

Sponsored

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 1

ハリウッドが呼んでいる?

ギズ読者にもおなじみ、セキュリティソフトのノートンが映画「X-MEN:フューチャー&パスト」とのタイアップで、豪華プレゼントが当たるキャンペーンを実施しています。

これは、ネット上のあらゆる脅威からデヴァイスを守るノートンと、人類の存続をかけて壮絶な戦いをするシリーズ最新作「X-MEN:フューチャー&パスト」が、「安全な未来をコントールする」という共通のテーマのもとにタッグを組んだプロジェクト。

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 2

ノートン限定オリジナルムービーを視聴してご応募いただいた方の中から抽選で、1組2名の方に、20世紀FOXスタジオ見学ツアー(ハリウッド・ロサンゼルス3泊5日の旅)が当たるほか、三井住友カードVJAギフトカードのプレゼントキャンペーンも行っています。

え? ハリウッドに行ける? しかも20世紀FOXスタジオ見学までできるなんて、「X-MEN」ファンならずとも応募したいキャンペーンですよ。

「X-MEN」といえば、やっぱりヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリン。アダマンチウムでできたカギ爪が少年マインドをくすぐります。私も割り箸を指に挟んでウルヴァリンごっこをよくやってました。でも割り箸ごときじゃ、「X-MEN」好きをアピールできないですよね。

ハリウッドツアーに当選するためには、もっともっとウルヴァリンになりきらなければならない。しかも今回のテーマは「未来をコントールせよ」とあります。

未来はコントールできないけど、現実ならコントールできるかもしれない!

そこで、もっと見た目が本物っぽいカギ爪を身に付けて、一日オフィスでウルヴァリンになりきることにしました。

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 3

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 4

題して、「ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた」。

こちらをウルヴァリンの目線でお届けします。

10:00 PCをコントロール

140518xmen04.JPG

早速オフィスでデスクワーク。でもカギ爪が邪魔でうまくタイプできませんでした。本物のウルヴァリンのように、爪の出し入れを自在にコントロールできるといいのですが。

140518xmen05.JPG

試しに爪でもタイプ。やっぱりうまくいきません。

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 5

ワイヤレスキーボードにしてみました。指の可動範囲は限られますが、なんとかできますね。

11:00 名刺をコントロール

140518xmen07.JPG

「はじめまして、ウルヴァリンです」。ってどう見ても受け取りづらそうですね。ビビらせてしまってすいませんでした。

そもそも「ローガン」という人間時代の名前を捨てた過去を持つウルヴァリンに名刺は必要ないかもしれませんね。

13:00 エレベーターをコントロール

140518xmen08.JPG

出かけるときに気づきました。エレベーターのボタンなら押せると。最新作「X-MEN:フューチャー&パスト」では瞬間移動ができるミュータントが多数登場するらしいですが、こっちは地道にエレベーターで移動したいと思います。

17:00 明るさをコントロール

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 6

「もっと3本の爪を有効に使え」。プロフェッサーXがテレパシーでそう伝えているような気がしました。そこで周りを見渡したところ、ありました。ちょうど良さげな3つのスイッチが。

ノートン限定オリジナルムービーでヒュー・ジャックマンが「自分の手で未来を選ぶのだ」と言っていますが、まさしく自分の3本の爪でオフィスを一瞬に明るくすることができました。

19:00 そうめんをコントロール

ウルヴァリンは小腹が空きました。何か爪を有効利用して食べられるものはないか?

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 7

思いつきました。流しそうめん。「ウルヴァリン:SAMURAI」でも描かれてましたが、彼は日本に縁を持つ男。流しそうめんで和の風情を感じることにしました。さぁ、ウルヴァリンの爪でそうめんはキャッチできるのか?

無常にも爪の間をすり抜けるそうめん。これが日本の侘び・寂びの文化なのでしょうか? 結局そうめんは食べられなかったので、スタッフがおいしく頂きました。

休日編 潮干狩りをコントロール

このカギ爪、なにかに似てる。そう、熊手。この時期に熊手といったら……。

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 8

やってきました。潮干狩り。この時期はお台場海浜公園で潮干狩りができるんです。

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 9

カギ爪で岩を持ち上げて、

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 10

ちょっとインチキして、

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 11

穴を掘ったら、

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 12

いた!

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 13

意外とあっさり採れました。あさりだけに。

でもここは殻長2.5cm以下の稚貝は採取禁止なので、そっと元に戻しました。人類の未来は守れないけど、海の自然は守る。少しだけウルヴァリンに近づいたような気がします。

今回、ウルヴァリンになりきってみて、結局は現実すらうまくコントールできませんでした。やはり人類の安全はノートンとX-MENに任せたほうがよさそうですね。

ウルヴァリンになりきらなくてもキャンペーンに応募はできる

というわけで、ノートンのキャンペーンでハリウッドに行きたいがために、ウルヴァリンになりきってみたものの、別にそこまでしなくても、簡単にキャンペーンには応募できます。

改めて説明すると、ノートン 「X-MEN:フューチャー&パスト」タイアップキャンペーンは、ノートン限定オリジナルムービーを視聴してご応募いただいた方の中から抽選で、1組2名様に「20世紀FOXスタジオ見学ツアー〜ハリウッド・ロサンゼルス3泊5日の旅〜」をプレゼントするというもの。

ウルヴァリンになりきって、現実をコントロールしてみた。 14

さらに、抽選で5名に1万円分、94名に1,000円分の三井住友カードVJAギフトカードが当たるチャンスも。

応募はこちらからできます。

ノートン X-MEN プロジェクト限定公開ムービーでは、ヒュー・ジャックマンや共演者たちが映画の見どころや舞台裏を語っています。映画の舞台裏を知ることもできて、さらにキャンペーンにも応募できるなんて、ファンには嬉しい限りですね。

またこの他にも、世界各地の貧困コミュニティを手助けする寄付活動や、自分がどのX-MENに近いかが診断できる「あなたはどのX-MEN?」、ノートン限定の壁紙がもらえる「ノートン限定 エクストラコンテンツ」など、「ノートン X-MEN プロジェクト」と題して、未来を自ら切り開くためのさまざまなプロジェクトが進行しています。

気になる方はこちらでぜひチェックしてみてください。

ギズモードオリジナルの読者プレゼントも!

今回のキャンペーンを応援するために、ギズモードでは「X-MEN:フューチャー&パスト」プレミアムグッズが当たる読者プレゼントを実施します!

今回の記事をリツイートしてくれた方に抽選で、スマホに貼り付けてカードを収納できる「フォンウォレット」を2名様、ノートPCを入れて背中に背負うことができる「PCバッグケース」を3名様にプレゼント。いずれも「X-MEN:フューチャー&パスト」仕様となっております。

欲しい物を明記した上に改変せずにリツイートしてください。対象者はGizmodo Japanアカウントのフォロワーになります。

ご応募お待ちしております。

【応募概要】

・応募方法

上記のツイート埋め込みから、欲しい物を一言添えた上で、元の文章を改変せずにリツイートしてください。対象者はGizmodo JapanのTwitterアカウントフォロワーとなります。

・当選者数

フォンウォレット 2名様

PCバッグケース 3名様

・応募期間

2014年6月10日(火)12:00:00(正午)まで

・問い合わせ先

editor@gizmodo.jp

※当選者の方からいただいた個人情報(名前、住所など)は、ギズモード・ジャパン編集部が別途定めるプライバシーポリシーに従い、取り扱うものとします。

source: ノートン X-MEN プロジェクト via ノートン

(文:瀧佐喜登、撮影:河原田長臣・鴻上洋平)