「Oculus Rift」を介して空飛ぶ気分が味わえる「Bebop Drone」発表

「Oculus Rift」を介して空飛ぶ気分が味わえる「Bebop Drone」発表 1

「Oculus Rift」との合わせ技を早く体験したい。

「AR.Drone 2.0」で知られる仏Parrot社が、新型クアドロコプター「Bebop Drone」を発表しました。「Bebop Drone」は屋内外問わず飛行できるデザインとなっており、サイズは28×32×3.6(cm)、重量は400gと軽量です。リチウムイオンバッテリーを搭載し、2時間半の充電で12分間の飛行が出来るようになっています。

「Oculus Rift」を介して空飛ぶ気分が味わえる「Bebop Drone」発表 2

Parrot 社のCEO、Henri Seydoux氏によれば、Bebopはまさしく「空飛ぶカメラ」ということで、カメラのスペックは14メガピクセル、視野角180度で魚眼レンズを搭載。また、3軸センサを活用したデジタルイメージ処理によって、ドローンの速度や動作に関係なく安定した画像を提供し、撮影された動画や静止画は8GBのメモリに保存されます。なお、データは同社のクラウドサービスSky Academyにアップロードすることも可能です。

「Oculus Rift」を介して空飛ぶ気分が味わえる「Bebop Drone」発表 3

「AR.Drone 2.0」同様に、操縦はタブレットやスマートフォンから行えます。使用アプリのFreeFlight3.0はiOS と Androidに対応。通信面では、セラミック製アンテナが4本搭載され、802.11acに対応しています。

「Oculus Rift」を介して空飛ぶ気分が味わえる「Bebop Drone」発表 4

この製品の目玉とも言えるのが、オプションアイテムの「Skycontroller」。これはタブレットをドッキングし、そこにカメラの映像を投影して、両側の2本のジョイスティックでドローンを操縦するというもの。それだけでなく、HDMI端子も用意されているので「Oculus Rift」ヘッドセットを接続できます。つまりドローンの視点を臨場感たっぷりに味わえるようになるということ。「Oculus Rift」の没入感と、「Bebop Drone」が撮影する空の景色のヤバすぎるコラボレーションが味わえるなんて!

「Oculus Rift」を介して空飛ぶ気分が味わえる「Bebop Drone」発表 5

今年の第四四半期に発売予定ですが、価格は未定とのこと。詳細が待ちどおしい!

source: Parrot

Andrew Tarantola - Gizmodo US[原文

(たもり)