雷が落ちたらどうする? を図解

雷が落ちたらどうする? を図解 1

雷に打たれることなんて滅多にないし、物のたとえで言う言葉…ぐらいの認識ですが、雷って意外と落ちてるんですよね…。

このリオのキリストほどじゃないにしても。

雷が落ちたらどうする? を図解 2
雷で中指がもげたコルコバードの丘のキリスト像。
避雷針を超越する姿が神々しいと世界中で話題になった。Image Credit: Getty, EFE

いざ落ちたらどうすれば? 生存率をMAXに高めるコツをThe Art of Manliness編集部が1枚のインフォグラフィックにまとめてくれました。

雷が落ちたらどうする? を図解 3

(時計回りに訳)

・髪が逆立ったり肌がピリピリしたら、落雷が近い証拠。丸くしゃがんでください。但し落雷の中には前兆のないものもあります。

・至近距離の轟音で聴覚がやられないように、両手で耳をふさぎます。

・地面に触れるのは母指球(足親指の付け根の丸いとこ)だけに。雷はまず地面に落ちて、そこから体に入ることが多いので、接地面は少ないほど感電の確率は減る。

・かかとは両足くっつけて回路みたいにする。こうすると足から感電する場合、片足から上がってきた電流は全身まる一周回るのではなく、もう片方の足から逃げる確率が上がる。

・電気を通すもの(導体)には絶対触れない。

・野球のキャッチャーみたいに低くしゃがむ。なるべく低く。地面に近ければ近いほど落雷の確率は減る。但し、だからといって寝そべるのは禁物。

***

いやあ、さっそく今日から拇指球X字しゃがみ運動(結構難しい)に励みたいと思います。

しかし「迅雷耳を掩うに暇あらず」な状況では得意の拇指球X字しゃがみもできませんよね。雷が近い証拠も少し引用しておきましょう。

これは30/30のルールを使うといい。

稲妻が見えてから30数えないうちに雷鳴が聞こえたら、屋内か車内に駆け込むこと。最後の雷鳴が聞こえてから30分は外に出ないこと。

たまたま外出先で落雷が近い兆候(髪が逆立つ、肌がピリピリする、ザーザー、カチカチ、スースー、ピシピシいう音が聞こえる、金属類から柔らかな青白い光が出ている)に遭遇したり、危険を察知した場合には、体や近場に雷が落ちた場合に備えて、上記の態勢になり、サヴァイブする確率を上げることだ。

どうせかがむなら、低木が茂ってるところを選ぶこと。1本ポツーンと立ってる孤高の木やポールは全力で避けましょう。 雷の中で凧を上げ雷が電気であることを証明したベン・フランクリンの真似もいいけれど、その前に基本はしっかり押さえようね。

source: The Art of Manliness via Digg

Ashley Feinberg - Gizmodo US[原文

(satomi)