癌の研究に欠かせない、怪獣みたいな生物の写真

癌の研究に欠かせない、怪獣みたいな生物の写真 1

孵化して32時間後のゼブラフィッシュ

ゼブラフィッシュは、主要臓器・組織の発生・構造もヒトと良く似ているため、癌、心血管、免疫系、感染症等の研究のため、世界中で盛んに利用されています。

この大きさで写真を見るとどうみてもエイリアンかモンスターですね。

Annie Cavanagh氏とDavid McCarthy氏が走査型電子顕微鏡で撮影した写真です。

source: business + design

Jesus Diaz - Gizmodo US[原文

(mayumine)