飛行機や映画館でのアームレスト戦争はこれで解決!?

飛行機や映画館でのアームレスト戦争はこれで解決!? 1

空いてる時はいいんですけどね…。

旅行や出張で飛行機や新幹線に乗ってる時、人気のある映画を観に行った時、シートのアームレスト(肘掛)を使うか?譲るか?無言のバトルがありますよね…。早い者勝ちで先に座ってた人のものになるケースが多いですけど。

そんなアームレスト戦争を解決すべく、香港のデザイナーブランドPaperclip Design Limitedが提案したのは、Double decker Paperclip Armrest。これは、2階建て風になってるアームレスト。Design Taxiの説明によると、Paperclip Armrestの基本コンセプトは、様々な形に変化させることが可能な素材で出来ていて、唯一変えられないのは2階建てになっている部分の間隔が7.5センチ離れているのと、それぞれ背もたれから20センチ離れたところまでの長さがあるという事だそうです。

1つのアームレストを2人で共有できれば、両者ともハッピーで良さそうですよね。で、使ってみるとこんな感じ。

飛行機や映画館でのアームレスト戦争はこれで解決!? 2

家族とかカップルならいいかもしれないけど、ん~他人同士でコレはちょっと厳しい~。結局、上を取るか?下をとるか?使うか?譲るか?って考えなきゃいけなさそうですね…。 上のアームレストを若干使う人側にスライドできればいいようなきがしますけど、どうでしょ?

source: Design Taxi

Ashley Feinberg - Gizmodo US[原文

(junjun)